Core i3 8100のコスパの高さについて語る

Core i3 8100のコスパの高さについて語る未分類
この記事は約6分で読めます。

Intel社は、2017年11月2日に、第8世代目のCoreシリーズ「Core i3 8100」を発売。

結論から言えば、安くなってちょっとだけパワーアップしたCore i5 7500。内蔵グラフィックスの「UHD 630」は、前身である「HD 630」と大した差が出ていない。そのため、Core i5 7500を持っているのであれば、わざわざCore i3 8100を買い直す必要はない。もしCore i5シリーズから買い替えを検討するのであれば、Core i5 9400Fや、Core i5 8400あたりをオススメする。

管理人Ku
管理人Ku

2019年5月26日時点では、不具合・不満なく使えています

4コアになってパワーアップした「Core i3 8100」

当然ながら、Core i3シリーズの中で頂点に位置しています。

CPUスコア8100とのスコア差 価格コストパフォーマンス
Core i3 81008,0420(100%) 129ドル56%
Core i3 71005,783‭-2,259‬(-28%) 179ドル29%
Core i3 61005,485-2,557(-32%) 139ドル36%

一世代前のCore i3 7100とはスコア差が28%も開いています。これはブラウジングやゲーミングなどで差が出る部分ですが、60fps確保できていれば問題ないユーザーにとっては、大きな問題ではありません

i3 8100 vs i3 7100 Test in 7 Games
Core i3 8100 vs Core i3 7100のゲーミング比較

動画を視聴すると分かると思うんですが、fps値の差はゲームタイトルによります。CPUの差が大きく出ているゲームがあれば、そんなに差がないゲームもあります。Core i3 7100でも低画質で60fpsを確保できているようなので、あとはグラボ次第。

Qちゃん
Qちゃん

どうしても新しい環境が欲しいゲーマーには
Core i3 8100のほうが良いわね

Core i3 8100が必要なパターン

新しいCPUが好き、Photoshopを使いたい、とにかく安くてパフォーマンスが高いCPUが欲しい。そんな人にはCore i3 8100をオススメします。Intelが小売価格として提示している金額は、たった$129です。$1が100円くらいだとすれば、日本円での定価は1.29万円。それでいてCore i5 7500と同等の性能が手に入るのですから、安すぎます。

管理人Ku
管理人Ku

中身はほぼCore i5 7500だし、
過信は禁物かな~

Core i3 8100は低発熱

環境によって差が大きく開くと思いますが、僕の環境だと下のような感じ。室温は23℃のときに測りました。夏場だとプラス10℃くらいかもしれない。TDP 65Wなりの発熱といった印象。爆熱になることはありません。

作業温度
ゲーム55℃
動画編集58℃
画像編集39℃
テキスト入力38℃

ちなみに、管理人Kuが使っているケースは、「RAIJINTEK METIS PLUS」。小型キューブケースなので、タワータイプのケースと比べると、エアフローはいまいち。それでも爆熱にならないのは、Core i3 8100が低発熱だから。

管理人Ku
管理人Ku

CPU温度が70℃超えるようなら、
環境を見直ししたほうが良いかもね

グラボはGTX 1060くらいまでが限界

僕はPUBGを快適にプレイしたかったので、GTX 1060(VRAM 3GB)と組み合わせて自作。VRAM 3GBなのは、コストを抑えたかったから。ただ、VRAM 6GBでも良かったと少し後悔しています。

例として、Apex LegendsはVRAMをかなり消費します。設定で消費量を抑えることはできますが、非常に画質が粗く、遠くの敵を視認するのが難しいです。ちょっと話は逸れましたが、GTX 1060と組み合わせる場合は、VRAM 6GBにしておきましょう。

管理人Kuが撮影した動画(PUBG)

【Core i3 8100】GTX1060(3GB)でPUBGテスト
参考程度にどうぞ
管理人Ku
管理人Ku

PUBGをプレイするならGTX1060は余裕
があるので、コストを抑えるならGTX 10
50 Tiがちょうど良いかもね

Core i3 8100でボトルネックにならないグラボ

ちもろぐ」さんで紹介されている通り、GTX 1060までがボトルネックにならない。つまり、そのワンランク上の「GTX 1070」だと、すでにボトルネックが発生するということになる。

GTX 1660だと、ややボトルネックが発生する様子。しかし傾向としてはGTX 1060とほぼ変わらないようなので、敢えてGTX 1660へ変更する必要はない。

GTX 1060 vs GTX 1660

GeForce GTX 1660 vs GTX 1060 | Tested in 7 PC Games in 1080p | Intel Core i3 8100 @3.6GHz
  • HITMAN 2
  • METRO
  • FARCRY NEW DAWN
  • ASSASSIN’s CREED ODYSSEY
  • DIRT PALLY 2.0
  • SHADOW OF THE TOMB RAIDER

全体的に、GTX 1060より、GTX 1660のほうが5fpsほど高かった。画面の動きによっては、GTX 1060のほうが高い場面もあったが、GTX 1660の勝利。

当然、GTX 1660は2019/05/26で最新のグラボなので、一世代前のGTX 1060に負けていては困る。

Qちゃん
Qちゃん

やっぱりGTX 1060までが限界なのねー

オンボードグラフィックはオマケ

以前は「FEZくらいなら90fpsくらいは出る!」と言っていた。しかしFEZ人口が1,000人程度。なおかつ、プレイできるゲームタイトルが限定的であるため、ゲームがプレイできる!というのは間違い。

前身であるHD 630とほぼ変わらない性能。UHD 630は、少し毛が生えた程度の進化。ゴリゴリの3Dは苦手。試しに、League of Legends を動かしてみたが、快適とは言いがたかった。

もちろん、そもそもIntelのCPU内蔵グラフィックに3D性能を期待するわけではない。しかし、Ryzenも奮闘しているわけで、Vegaのような性能があっても良いじゃないか。そのほうがIntelのCPUにワクワクする。

参考動画

Intel UHD Graphics 630 — Intel Core i3-8100 — [Spectating] League of Legends LOL FPS Test

まとめ

旧世代のCore i3シリーズと比べて、格段にパワーアップした「Core i3 8100」。ネームバリュー的に弱そうなイメージだが、ゲーミングPCとして組めるほどの逸材となった。

誤解のないように言っておくが、Core i3 8100の長所は「低価格ながらもハイパフォーマンスなCPU」であること。ゲーマーじゃなくても自作して損はない。中古品の数が増えてきた頃だし、Core i5 9400Fなんていう高コスパな製品も出てきた。そろそろゲーマーたちは新製品に目が向く頃。中古価格もこなれてくるし、新品で揃える必要はない。

performance.mark("https://www.doz3.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");performance.measure("https://www.doz3.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js", "https://www.doz3.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-start", "https://www.doz3.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");
タイトルとURLをコピーしました