3ヶ月間、LINE Pay をメインウォレットにして得したこと・損したこと

LINE Payを3ヶ月使って分かったデメリット・メリット 未分類
この記事は約7分で読めます。

決して LINE から依頼を受けているわけではないのだが、僕は LINE Pay 推し。とにかく使い勝手が良いので、財布として利用している。たった3ヶ月くらいで1万ポイントを貯めることもできたし、お金の節約にも役立っている。

そんな LINE Pay について、デメリットを踏まえてメリットについて紹介する。

LINE Pay で得だったこと

どこで買い物しても、必ずポイントがつく

LINE Payはポイントが自動で付与される

LINE Pay で買い物をすると、なんと自動でポイントが付与される。めちゃくちゃ便利。わざわざポイントカードを提示する必要はない。

ショップが発行しているポイントカードを併用すると、ショップのポイントも付与される。つまり、ポイントの2重取りができる。

例えば、5,000円の商品を購入した場合は、LINE Pay (2%)で100円のポイントが付与される。そしてショップが発行するポイントカードにも、ショップからポイントが加算されるので、お得である。

とは言え、あくまでも LINE Pay のマイカラーが「グリーン(2%)」の場合に限った話。1%とか0.5%だとお得感が減ってしまう。

この問題は月々10万円、LINE Pay で支払えば解決できるのだが、そんなにも支払う人がどれくらい存在するのだろうか。せめて5万円くらいの支払いで、ポイント付与率2%にすれば、利用者が伸びるのではないかと思っている。(LINEさん、検討してください)

マイカラーとは

前月の支払い金額によって、当月のポイント割合が変化する。変化の度合いは、0.5%〜2%まで。この差がけっこう大きいので、出来るだけ固定費などの支払いも LINE Pay で済ませたいところ。

  • ホワイト … 0.5%(0円〜9,999円)
  • レッド… 0.8%(10,000円〜49,999円)
  • ブルー … 1%(50,000円〜99,999円)
  • グリーン … 2%(100,000円~)

ちなみに、筆者は毎月グリーンだったが、2019年2月度の支払いが9万5千円に留まってしまった。自分のミスで2月中の決済が間に合わず、10万円を下回ってしまった。10万円をチャージする人は、月度内で支払いを済ませられるよう、しっかりと管理しておきたいところ。

誰でも LINE Pay を利用できる

諸事情でクレジットカードが持てない人でも、LINE Pay は査定が必要ないので、簡単に利用できる。

電子マネー扱いなので、社会的な信用がなくてもOK。学生や専業主婦(主夫)でも、お手軽にクレジットカードとほぼ同等の使い方が可能。

ただし、クレジットカードと同等とはいえ、3Dセキュアのあるウェブサイトなどでは支払いに利用できない(後述)。

そのため、ゲームの課金などに使えない可能性がある。詳しくは、各ゲームのウェブサイトで支払いについて確認してほしい。

付与されるポイントの割合は、前月の LINE Pay による支払い金額によって決まる。それが以下のマイカラーである。

 

チャージポイント(現金チャージ)の還元キャンペーンを開催している

LINE Pay のポイント

筆者は1.3万円相当のポイントを貯めた

LINE Pay に現金をチャージして支払いをするだけで、チャージポイント(現金のチャージ)が貰えるキャンペーンを開催している(ことがある)。現金によるチャージのポイントなので、もちろんそのまま銀行へ振り込むことが可能。

筆者はこのキャンペーンを利用して、チャージポイントを3,326円分ゲットした。これは2018年12月に開催された「Pay トクキャンペーン」による還元。詳細は下記。

期間中、LINE Payの加盟店にて、LINE Payのコード支払い、オンラインでのお支払い、請求書支払いをしていただいた方全員に、お買い上げ金額の20%相当のLINE Pay残高を還元致します。引用元:https://linepay.line.me/campaign/paytoku.html

つまり、筆者は16万6300円も LINE Pay で支払いを実行していたことになる。恐ろしい・・・。とはいえ、このような還元キャンペーンをうまく利用することで、いつの間にかチャージ額が増えていた!なんていうことも起こり得る。(実際に筆者はキャンペーンの存在を忘れていたので、急に3千円ものチャージがあったのでビックリした)

忘れた頃にチャージされるので、けっこう嬉しいサービスなのである。

出前サービスが充実している

出前の金額がべらぼうに高いので、筆者は自炊することが多い。だから、出前なんて取らない。

というのは建前で、残業で帰宅があまりにも遅い場合や、出不精が発動して食材の買い出しに行くのが面倒で冷蔵庫がカラ・・・といった、のっぴきならない場合に出前を利用している。

前述の通り、LINE Pay で買い物をするとポイントが付与されるので、ちょっとでも得がしたいので、LINE のサービスを利用する。感覚的には「出前館」などのサービスとほぼ同等。

LINE Pay の出前サービスは、出前が届くまでの目安時間が表示されているので、けっこう便利。基本的には目安どおりの時間に到着するのだが、繁忙期に遅延する場合がある。そんなときは、お店から「5分、10分遅れます」といったお詫びの連絡が入る。(入れてくれない店もある)

また、LINE Pay 以外の支払いも可能。現金支払い(代引き)や、他社のクレジットカード支払いにも対応している。ただし、LINE Pay にもクレジットカードにも対応していないお店があるので、要注意。支払いの画面で、必ず支払い方法はチェックしておこう。筆者は現金がないのに注文してしまい、対応に困ったことがあった。現金払いのみということをアピールして表示にしてほしい。食べたいものが決まってから、クレジットカードが使えないから別の店で注文する・・・というのは非効率的だし、ムカつく。

銀行(ネットバンキング)から LINE Pay へのチャージが早い

もしかすると使用する金融機関によるかもしれないが、銀行からチャージする場合、一瞬で LINE Pay へチャージが反映される。ちなみに筆者は3大メガバンクの「三井住友銀行」を使用している。

なお、金融機関によって、ネットバンキングのメンテナンス時間が設けられており、該当する時間帯はチャージができないので注意してほしい。回避できない支払いがある場合を想定して、キャッシュは持っておいたほうが良い。筆者はキャッシュレス生活を送っているが、緊急用に1万円を手元に置いている。

あんまり良くないこと

LINE Pay コード支払いが手間で面倒くさい

LINE Pay コード支払いが手間で面倒くさい

例えば、ローソンなどで支払う場合は、コード決済と言って、バーコードを提示することで支払いができる。

ただそれだけなのだが、画面操作がとにかく手間がかかり面倒くさい。せめて QUICPay で支払いが済ませられれば・・・。

ただし、Android の Google Pay であれば、LINE Pay が QUICPayに対応している。iPhone の Apple Pay は対象外。

陸マイラーとーみねのほったらかし投資録

やり方については、上記のブログサイトが詳しく書いている。Android のスマホを持っていて興味があれば覗いてみてほしい。筆者は iPhone なので、機会があれば Android のスマホを購入したい。

電子マネー扱いなので、一部ネットショッピングサイトで LINE Pay カードが使用できない(3Dセキュア・1円オーソリの話)

ネットショッピングで LINE Pay を決済に使用する場合は、基本的に LINE Pay カードで対応する。

しかし、LINE Pay は、3Dセキュア(本人認証)の登録ができない。つまり、3Dセキュアによる決済を実施するネットショップの場合だと、LINE Pay カード は使用できない。

  • ゲームの課金
  • ウェブマネーへの課金・チャージ

などが代表的な例。僕はゲームに課金する際に、LINE Pay カードを使ってみたが、3Dセキュアが非対応ということで決済を弾かれてしまった。

また、事前に1円決済を行う、いわゆる「オーソリゼーション」の処理が行われる場合にも使用できない。これは、LINE Pay がオーソリに対応していないためである。なので、1円オーソリが必要な決済サイトでは、「このカードはご利用になれません」といった旨のエラーが表示される。

これらの問題が解決しない限り、LINE Pay ですべての支払いをすることは難しいだろう。

まとめ

筆者は LINE Pay が無限の可能性を秘めていると思っていたが、問題点は山積みである。何しろ、電子マネー扱いだから3Dセキュアサービスを付与することができないし、1円オーソリだって出来ない。すべての支払いを、クレジットカードではなく LINE Pay で済ませられたら人生が大きく変わっただろう。使い勝手が良いので、非常に残念だと思う。もし、電子マネー対応の LINE クレジットカードがリリースされたら、その時は課題がクリアできると信じて待とうと思う。

performance.mark("https://www.doz3.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");performance.measure("https://www.doz3.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js", "https://www.doz3.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-start", "https://www.doz3.info/wp-content/themes/cocoon-child-master/javascript.js-end");
タイトルとURLをコピーしました