1万円以下で購入できる、Bluetoothスピーカー「JBL Trip」は、めちゃくちゃ音が良くて使いやすい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:krrochu2:20180511191110p:plain

Bluetoothのスピーカーは、ハーマン「JBL Trip」がおススメです。めっちゃ音がいいの。「え?!これがBluetoothのポータブルスピーカーなの?」ってビックリしましたよ。

音だけじゃなくて、充電しながら使えるってのも、満足度が高いポイントだと思うんですよ。使いやすい。

 

 

スポンサーリンク

重低音がしっかりと聴き取れる

f:id:krrochu2:20180511191130p:plain

ポータブル式のBluetoothスピーカーって、音が割れたり、高音気味の「シャリ」系が多いんですよね。僕の経験上、そういう音を鳴らすポータブルスピーカーが多かった記憶があります。

なので、僕はずっと「有線じゃないと安心できないから、有線以外は購入しない」と心に決めていたくらいです。無線式とか、音が劣化するし!と思っていた時期が僕にもありました。

やや「ドン」が強めの印象だが、全体的にマイルド

「ドン」という低音域の音が印象的なんですが、特筆するほど強いわけではありません。高音~低音までしっかりと音を出してくれますから、どんな音でも奏でてくれます。

試しに、音を聴き取れないと勝ちが取れない「PUBG」をプレイしてみました。足音もちゃんと聴こえますし、音の定位も取ることができました。

ロジクール「Z120BW」と同じ系統の音

千円ちょっとのロジクール「Z120BW」と同じ系統の音です。「Z120BW」は人気商品だから、使ってる人が多いと思います。なので、「Z120BW」を思い浮かべれば分かるかな?

あ、でも、決して千円ちょっとのスピーカーと同じレベルの音質ってわけじゃないです。「Trip」のほうが確実に上ということだけは言っておきますね。

1ms未満の遅延がある

Bluetoothゆえの遅延が少しだけ発生します。1秒にも満たない時間だと思いますが、画面と音が少しだけズレが生じているんです。これがなければ、恐らくゲーミング用のスピーカーとしても使えたはずです。ちと残念。

音割れはしない

iPhoneとペアリングして、音を最大まで上げてみましたが、スピーカーの音割れはありませんでした。むしろボリュームを上げたほうが、きれいな音が出ます。低いボリュームだとちょっと篭った感じの音がします。

外観はシンプルでカッコいい

f:id:krrochu2:20180511191203p:plain

スピーカーの中央には、「JBL」ブランドのマークがあります。このマークは無くても良いかなと思いましたが、特に気になるような感じはしません。

f:id:krrochu2:20180511191303p:plain

スピーカーを拡大してみました。使用感と埃がちょっとついちゃってますね。開封後にレビューすれば良かった・・・。(入手してから半年くらい経ってます)

どうでしょうか?外観はなかなかカッコいいと思うんですよね。これならどこに置いてあっても変に目立つことはないですし。

ただ、黒色はホコリの付着が気になる色なので、人それぞれの好みが大きく出る部分だと思います。白があっても良かったかもしれない。

通話が可能

スマホとペアリングしている状態なら、通話ができちゃいます。まあ最近流行っている「スマートスピーカー」みたいなモンだと思ってください。そんなに賢くはないですけど。

f:id:krrochu2:20180511191340p:plain

これはスピーカーの上部です。「-」「受話」「マイク」「+」のマークが並んでいますね。着信時に「受話」マークを押下することで、電話に出ることができます。

例えば、僕はこうしてブログを執筆しているときに、スマホを持つのが、ものすごく面倒くさいんですよね。そんな折に、電話がかかってきたら・・・集中して執筆しているのを邪魔されている気分になって、機嫌を損ねてしまうんです。

しかし、この「受話」ボタンのおかげで、わざわざスマホを持ち上げる必要がなくなりました。キーボードの横にスピーカーを置いておくだけで簡単に解決できます。やったね!これで僕もご機嫌な状態を維持できるよ!

f:id:krrochu2:20180511191419p:plain

こんな感じで、キーボードの近くに置いておきます。これで着信があっても、すぐに応答できますから、めっちゃ便利です。もうこのスピーカーがないと、集中して執筆作業ができません。

気になる通話品質は、高い(と思う)

なんだか語気が弱くてゴメンナサイ。というのも、このスピーカーで通話した相手に、「通話音声はどうだったか」と聞くと、だいたい返ってくるのが「普通」という回答なんですよね。

まー普通ってことは、スマホのマイクとそう変わらないくらいの品質を確保できていることだと思うので、僕は高評価としておきます。聞くに耐えないレベルなら、相手から「音が悪い」と言われるハズですしね。

充電がとっても楽!

「Trip」のようなポータブルスピーカーって、充電ケーブルを挿入すると、途端に野暮ったくなるんですよね・・・。しかもちゃんと真っすぐに置くことが出来なかったり。

でも「JBL Trip」は、充電しながら使えますから、充電ケーブルをどうやって挿そうか悩むことはないです。

f:id:krrochu2:20180511191445p:plain

そうそう、コレ。こんな感じで、「置き方」に苦戦する製品って多いと思うんです。せっかく外観が良いのに勿体ない部分ですよね。これだけでストレス。

f:id:krrochu2:20180511191507p:plain

「Trip」の裏側には、自動車のサンバイザーなどに取り付けられるように、アタッチメントが付いてます。このアタッチメントは脱着が可能で、なおかつ上下方向を変えられるんですよ。

f:id:krrochu2:20180511191530p:plain

こんな感じで。わかりますかね?充電ケーブルを挿す穴が、上になるようにアタッチメントを取り付けてみました。こうしておくと、テーブルの上に置きながら充電できます。

f:id:krrochu2:20180511191552p:plain

ホラ、ちゃんと充電しながらテーブルに対して、真っすぐに設置できてますよね。これができるだけでも、このスピーカーを使う意味があります。(ボンバー●ンに出てくる爆弾みたいなルックスだけど)

サイドに付いているスイッチの反応が敏感で残念

ちょっと位置をずらそうと、本体を持ち上げると、誤ってスイッチを操作してしまうんですよね。ここは残念ポイント。

意図せずボリュームを上げ下げしてしまったり、電源を切ってしまったりと、誤操作することが多いんですよね・・・。

くれぐれも自動車の運転中に、本体に触れてしまわないよう注意が必要です。(運転中は操作しないでね!)

価格は1万円くらい

価格コムでハウマッチしてみましたよ。だいたい、1万円を切るくらいのお値段でした。

ショップ 価格 売り場
Amazon ¥9,463 こちら
e☆イヤホン ¥9,464 こちら
kitcut ¥9,603 こちら

最安値は、Amazonの「¥9,463」でした。やはりAmazonは安い値段で勝負してくるなー。僕ならAmazonで買いますね。配送料無料だし。返品とかも一番楽ですしね。

まとめ

ハーマン「JBL Trip」は、メチャクチャ音が良いです。多分、Bluetoothスピーカーの中でもトップクラスだと思います。ポータブルでスピーカーは小さめなのに、こんなに良い音で良いのかなって感じです。

iPhone 8 Plusや、iPad Proのスピーカーもそれなりに音が良いんですが、それでも敢えて「Trip」に繋いじゃいますね。重低音がクッキリ聴こえるし。

ただ、ちょっと気になるのが「音の遅延」ですね。これが無ければ満点だったと思う。FPSとかアクションゲームはもちろん、動画を視聴している時にも発生しますから、やや違和感があります。

動画やゲームじゃなくて、音楽を聴くというだけの目的なら、「JBL Trip」はオススメ出来ますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*