5万円以下!Celeronで組む!ゲーミングPCの自作レシピ2選【2018年度版】

f:id:krrochu2:20180428184736p:plain

どんどん安価なパソコンが組める時代になりましたね。
最低予算が5万円など、スマホ本体よりも安い場合が多いです。

デスクトップパソコンのパーツを、Amazonなどで買い揃えた場合に、
どれくらいの費用がかかるか計算したものを紹介します。

今回は、コストを重視した、ライトゲーマー向けのレシピ2選です。
Celeronで組む!というタイトル通り、Celeron以外のことは考えてません。

5万円以下!ということにしておきましたが、
中古部品をかき集めれば、もっと安く済むハズです。

※言い訳っぽくなりますが、このレシピを信じて購入するかはあなた次第です。
また、5万円も出すなら、正直に10万円くらいは出したほうが幸せになれます。

www.doz3.info

プレイするゲームはPUBG

重量級のゲームで有名な、「Player Unknown`s Battle Ground」は、
それなりに高価なパソコンが必要ですよね。

これをプレイするのために、10万円を超えるゲーミングPCを
用意する人も少なくないです。

Celeronでもプレイ可能!

Celeron(セレロン)といえば、ノートパソコンに搭載されているような、
省電力性が高く、価格もお手頃で、なおかつ性能の低いCPUです。

ですから、基本的にゲーミング用途で使われることはありません。
ほとんどが事務用のパソコンに使われています。

実はそんなCeleronでも、PUBGのプレイが可能なんですよ。
これには筆者も驚きました。
後半にプレイ動画を載せておきますので、興味があれば確認してください。

では、Celeronで組んだ場合の費用について書いていきます。

Celeron G1840で組む!

f:id:krrochu2:20180428183505j:plain

分類 名前 価格 備考 スコア リンク
CPU Celeron G1840 7,000円 品薄 2,872 Intel CPU Celeron G1840 2.80GHz 2Mキャッシュ LGA1150 BX80646G1840 【BOX】インテル
グラボ GT1030 10,980円 玄人志向 2,278 玄人志向 ビデオカード GEFORCE GT 1030搭載 GF-GT1030-E2GB/LP
マザボ H81M-P33 8,200円 MSI H81 DVI Business Platform
メモリ DDR3 1600Mhz 8GB 6,880円 Team Team デスクトップ用メモリ DDR3 1600MHz PC3-12800 永久保証 ECOパッケージ (8GB Elite Plus)
SSD SDSSDH3-250G-J25 8,986円 SanDisk 内蔵SSD 2.5インチ / 250GB / SSD Ultra 3D / SATA3.0 / 3年保証 / SDSSDH3-250G-J25
電源 KRPW-L5-600W 4,608円 玄人志向 玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 600W ATX電源 KRPW-L5-600W/80+
ケース JAX-02W(舞黒透) 3,943円 SAMA SAMA 左側面がフルアクリルパネル(透明)のATXマザー対応ミドルタワーPCケース JAX-02W (黒透 kurosuke)
合計 50,597円

ちょっとだけ5万円を超えてしまいました。

実店舗で中古品などを狙えば、この半分くらいの価格で買えます。
タイトルと合わず、正直ゴメンナサイ。
でも載せておきますね。

一応、こんな低スペックでも動作は可能です。
ただし、常に60fpsを維持しておくのは不可能です。
もうちょっとPUBGが軽くなれば・・・。

Celeron G3900で組む!

f:id:krrochu2:20180428183446j:plain

分類 名前 価格 備考 スコア リンク
CPU Celeron G3900 3,940円 LGA1151 2,872 Intel CPU Celeron G3900 2.8GHz 2Mキャッシュ 2コア/2スレッド LGA1151 BX80662G3900 【BOX】
グラボ GT1030 10,980円 玄人志向 2,278 玄人志向 ビデオカード GEFORCE GT 1030搭載 GF-GT1030-E2GB/LP
マザボ H110M PRO-VH PLUS H110 6,130円 MSI MSI H110M PRO-VH PLUS H110マザーボード PROシリーズ強化モデル MB3680
メモリ D4U2400PS-8G 8GB 9,977円 CFD CFD販売 デスクトップPC用メモリ Panram PC4-19200(DDR4-2400) 8GB 288pin D4U2400PS-8G
SSD SDSSDH3-250G-J25 8,986円 SanDisk 内蔵SSD 2.5インチ / 250GB / SSD Ultra 3D / SATA3.0 / 3年保証 / SDSSDH3-250G-J25
電源 KRPW-L5-600W 玄人志向 4,608円 玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 600W ATX電源 KRPW-L5-600W/80+
ケース JAX-02W(舞黒透) 3,943円 SAMA SAMA 左側面がフルアクリルパネル(透明)のATXマザー対応ミドルタワーPCケース JAX-02W (黒透 kurosuke)
合計 48,564円

なんとか5万円を切ることには成功していますが、
もう少し余裕があると良いですよね。

また、正直なところ、ここら辺りのCPUが限界です。
これ以上は安く仕上げるのは難しいかもしれません。

ちなみに、G3900も少し古いCPUですから、
実店舗などで中古品を探せば、もっと安く仕上がるでしょう。

参考動画

レシピ通りの動画が見つからないので、
今回は仕方なく、同レベルの参考動画を持ってきてます。

そこまで大きな差があるわけではないので、
だいたいこれくらいは動くという目安にどうぞ。

G1840

こちらはG1840+GT1030でプレイするPUBGの動画です。
まずまず動作しているように見えますね。
30fps前後はキープできています。

続いて、OverWatchの動画。
残念ながら、G1840+GT1030の動画は見つからなかったので、
1ランク下のG1820+GTX650です。

画質設定はLowですが、40~60fpsは出ています。
乱戦でもこれくらい出ているので、そこそこ動きます。
ちなみに、GTX650とGT1030では、GT1030のほうが高スペックです。

G3900

まずはPUBGの動画です。
こちらも残念ながら、レシピ通りの動画はありませんでした。

ですので、G3900+R9 260の動画を持ってきました。
ややR9 260のほうが、GT1030よりも高スコアです。
ただ、ほんの少し、微弱な差なので気にしなくて良さそうですね。

続いてOverwatch。
こちらもレシピ通りの動画が見当たらず。
仕方なく、GT1030より低ランクのGTX950です。

まとめ

今回は2つのCeleronを使ったレシピを紹介しました。

前述の通り、PUBGはかなり重量級なゲームなので、
もっと軽いゲームなら、快適性を求めることが出来ます。

どうしてもお金をかけたくない人や、普段からあまりゲームをしないライトゲーマーにはオススメできる構成です。

もしグラボのランクを1つ上げたいのであれば、
GT1030より、GTX1050を選んでください。

ちなみに、GT1030は、約1.1万円ですが、
GTX1050だと約1.6万円します。
更にその上のランクであるGTX1050 Tiだと
約2.1万円にもなりますから、コストが上がります。