ゲーミングノートパソコンでプレイするゲームは快適なのか?という話をする

NO IMAGE

近頃、ノートパソコンの高性能化に伴って、どんどんゲーミングノートパソコンが増えていますね。ゲーマーな筆者的にも嬉しいことです。

しかし、筆者であるクワサン的にはオススメしません。ノートパソコンでゲームするくらいなら、素直にデスクトップパソコンでプレイしなさいと言いたい。

ゲーミングノートパソコンで快適なゲームプレイは不可

f:id:krrochu2:20180503131302j:image

ノートパソコンでゲームをプレイするにあたって、一番の問題になるのが、排熱処理です。

ノートパソコンの筐体は、デスクトップパソコンの大きな筐体とは異なり、熱がこもりやすいのです。

熱がこもりやすい原因は、筐体内部の造りが非常に狭くなっていて、いくらCPUファンや、グラボのファンなどで風を当てたとしても、うまく排熱できません。

パソコンのパーツは、熱にとても弱く、100℃を超えると簡単に壊れてしまいます。

排熱処理が追いつかないと、手が熱くなる

f:id:krrochu2:20180503131315p:image

ノートパソコンの部品は、主にキーボードの下に位置しています。つまり、排熱が追いつかなければ、必然的にキーボードが熱されて熱くなるわけですね。

いやいや、手が熱くなるだけなら我慢できる!って思うかもしれませんが、意外と不快感があるんですよね。

冬場は良いかもしれませんね。手のカイロみたいな感覚で使えますし、手のかじかみも軽減できることでしょう。

しかし、夏場はどうでしょうか。クーラーの温度を下げて、ちょっと寒いかな・・・くらいの感じで居れば、手が冷えずに済むかもしれません。

でも、やっぱり手汗が凄いことになるし、冬場だろうが夏場だろうが、僕はオススメしません。

CPUが故障する温度は100℃

排熱がうまくできなくなると、ノートパソコンの内部がとても熱くなってしまいます。1番の故障原因と言っても差し支えないです。

・・・と、一般的に言われていますが、これは昔の話です。今のCPUは100℃を超えても、多少は耐熱性が上がっていますから、すぐには故障しません。

それよりも危険なのは、CPUから放熱した熱風などで、メインボード(マザーボード)が故障することでしょう。

メインボードには、複数のチップセットや小部品が取り付けられています。例えば、無線LANモジュールや、Bluetoothモジュールなど、さまざまな子部品があります。

これらが故障することによって、ノートパソコンとしての寿命が縮まってしまいます。

が、やはりノートパソコンの内部は低温に保つべきですから、100℃を超えてないから故障しない!というわけではありませんので、要注意してください。

ノートパソコン内部の温度上昇で、発火の原因にも

もっとも恐ろしいのは、ノートパソコンが異常な熱をもった時に、発火する可能性を秘めているということです。

富士通、バッテリ発火の可能性でノートPCをリコール

上記の記事はあくまでも一例です。バッテリに致命的な欠陥があって、それが原因で発火に至るというものです。

しかし、この例をとって見ると、バッテリの異常な温度上昇が原因で発火する可能性があるということがわかります。

ビジネスで使用するような、低発熱なCPUを搭載しているようなノートパソコンなら問題はないかもしれませんが、ゲーミングノートパソコンとなれば、話は別です。

INTEL Core i7シリーズなど、高性能なCPUになると、発熱が多くなりますから、それだけ排熱処理が高くないといけません。

デスクトップと比較すると、スペックが低い

f:id:krrochu2:20180504000002p:image

例えば、デスクトップ用のCPU「Core i7 6700」と、同等のノートパソコン用の「Core i7 6700HQ」では、圧倒的にデスクトップ用のほうが性能が高いです。

CPU スコア 価格
Core i7 6700 10,035 $269
Core i7 6700HQ 8,143 $378

この表を見てわかるのは、単純なCPUの処理能力が同世代でも著しく低いということです。価格も当然、省電力化されている分だけ、ノートパソコン用である6700HQのほうが高いですよね。

1万円以上も価格が違うのに、こんなにも性能が低いのは考えものだと思いませんか?

それと、5年前のCPUともそんなに性能に差がないのがネックです。

僕が所有している、ドスパラの「QF560」という製品には、Core i7 2720QMというCPUが搭載されています。

PassMarkのスコアでは、2720QMが6,110ですから、たった2千ほどの差しかないんですよね・・・。

こうした部分でもはっきりと分かることは、「ゲーミングノートパソコンはコスパが悪いうえに、快適性に乏しい」ということですね。

まとめ

f:id:krrochu2:20180504000025p:image

ゲーミングノートパソコンで快適なゲームはできるのか、というテーマで今回の記事を書きましたが、いかがでしたか?

筆者的にはオススメできませんが、ゲーミングノートパソコンには、デメリットばかりではなく、それなりにメリットがあります。

  • 設置が簡単だから、どこでも設置できる
  • 重量さえ気にしなければ、持ち運びもできる
  • デスクトップほど場所を取らない

まあ、つまりはデスクトップよりも小型だから、省スペース性が高いことから、場所を取らないってことですね。デスクの上も広々と使えますし。場所を取りたくないって観点なら、僕はアリだと思います。

ただ、やっぱりゲームを本格的に楽しみたいのであれば、デスクトップのほうが快適だと思います。夏場の暑い時に、手汗をかきながらPUBGをプレイしたくないですもん。

しっかりとメリット、デメリットを把握して、自分なりにこだわりを持つことで、デメリットの不満を少しでも解消させれば、ゲーミングノートパソコンでも問題なく遊べるでしょう。

高価な買い物なので、思ってたのと違う!ってならないように気を付けましょう。

ゲーミングパソコンカテゴリの最新記事