iPadの利用価値を考える話

こんにちは。ガジェット大好きおじさんのクワタです。

今回は、iPadにどんな利用価値があるのか考える話をしていきます。

どんな用途で利用するのか想定して購入しないと、使い物にならない、ただの文鎮です。

ノートパソコン代わりにする

f:id:krrochu2:20180406090129j:image

意外と多いこの理由ですが、iPadをノートパソコン代わりには出来ません。

マウスが使えない

f:id:krrochu2:20180406090513j:image

このうえなく不便ですね。パソコンの場合だと、画面の操作はほとんどマウスでやります。

しかし、iPadもとい、iOSにはマウスを使用する機能がありません。

もちろんタッチパッドだって使えませんから、実質的にポインティングデバイスはすべて使えません。

一部、例外の製品もあるようですが、いつAppleが対策するか分かりません。

マウスさえ使えるようになれば、おそらくiPadは現行のWindowsタブレットや、ノートパソコンを凌駕することになり、売れ行きがもっと上がるでしょうね。

マルチタスク操作が出来ない

f:id:krrochu2:20180406090634j:image

iOS10から、Split View機能が搭載されましたが、それでもまだまだ実用的とは言えません。

WindowsやMacのように、複数のウインドウを起動させて、自由に画面配置を変えることができないのです。

慣れた画面配置というものがありますから、それが出来ないのは生産性が落ちます。

また、アプリによっては、Split Viewに対応してないものもあります。

特にゲームアプリはSplit Viewを利用できませんから、ゲームしながら動画を見るといった、贅沢な使い方は出来ません。

スリープモードからの復帰が速い

f:id:krrochu2:20180406090713p:image

Windowsのタブレットやノートパソコンをスリープにしておくと、次回の起動が割と速くなります。

ただ、iPadだとWindowsよりも、もっと速く起動できます。

言うなれば、「WindowsのスリープはOSからログオフするが、iOSのスリープはOSからログオフしない」です。

OSからログオフしてしまうと、次回の起動時にログオンが必要になります。

しかし、ログオフしないことで、アカウントにログオンした状態から再開できます。

ここがWindowsのような、パソコン向けOSとの大きな違いだと思います。

つまり、その分だけ、スリープモードから復帰するのに時間を要さないということですね。

  • WindowsはOSからログオフしてスリープ
  • iOSは画面の電源を切ってスリープ

こんな感じですね。

動画鑑賞用のタブレットにする

これもかなり多い理由だと思います。iPhoneだと画面が小さくて観づらいから、iPadで動画を鑑賞する。

たしかにこれも、iPadの強みだと思いますが、動画鑑賞するだけなら、格安のWindowsタブレットでも出来るんですよね。

もちろんバッテリの持ちは、iPadが圧倒的に上だとは思いますが、この理由だけだと弱いかもしれません。

イラストレーション用の液タブとして

iPad Proのほうが向いている作業ですが、実はiPadでも問題なく絵が描けます。

Bambooなど、筆圧検知するスタイラスペンと組み合わせれば、ある程度の筆圧を表現します。

どうしてもApple pencilを使いたいのであれば、iPad Proを選択すべきでしょう。

この辺りは、デスクトップPCなどと遜色なく使えると思います。むしろ、iPadのほうが利便性が高いかもしれません。

外出時にスケッチしたければ、iPadを持っていけば良いでしょうし、デスクトップやノートのように、場所を選ぶことがありません。

ブログ更新用に

Bluetoothキーボードと組み合わせれば、iPadでも快適な文字入力ができます。

もちろん、iPhoneでもブログ更新はできますが、キーボードに慣れた人であれば、iPadとキーボードの組み合わせが快適でしょう。

かくいう僕も、このブログの記事のいくつかは、iPad Proで執筆しています。(自宅だとデスクトップですが)

また、ノマドワーカーの方にでも、iPadはおススメできます。テキスト編集くらいなら、iPadでスイスイやれちゃいますので、ノートパソコンの持ち運びが重くて辛いのであれば、iPadを選択肢に入れておきましょう。

まとめ

この記事に書いたこと以外にも、たくさん用途があると思います。

自分なりに使いこなせているのであれば良いと思うのですが、用途がないとなれば、せっかくのiPadがただの板になります。

使い道さえあれば、買って後悔することはないでしょうから、iPadで何をするのか、しっかりと明確なビジョンを持っておきましょう。

くれぐれも、ノートパソコンの代わりとして考えるのは止めておきましょう。

ノートパソコンの使い勝手とは異なりますから、使い勝手を期待していると痛い目を見るかもしれません。