Core i3 8100 vs Core i3 6100 どちらがコスパ良いのか?という話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:krrochu2:20180326215153p:plain

ハイ、今回も始まりました。

管理人リュージローの「コスパ対決」の話です。

今回は、Core i3同士の対決ですね。Core i3 8100と、Core i3 6100のどちらが高コスパなのか。

では、サクサクッと話を進めていきたいと思います。

CPU Passmarkで調べるコストパフォーマンス

Core i3 8100と、Core i3 6100のどちらが高コスパなのか、CPU Passmarkのベンチマークスコアで競ってみました。

先行は6世代目の「Core i3 6100」です。

Intel Core i3-6100 @ 3.70GHz

ベンチマークスコア:5,493
最終価格: $115.93 USD (2015-11-07)

では、Passmarkのスコアを、USドルで割り算してみましょう。これで、おおまかな性能対費用を算出することが出来ます。(もっとちゃんとした計算方式があるんですが、ここでは分かりやすく、性能値をパスマークに合わせてます)

性能値:5493/価格:116(四捨五入)=47.3

よって、Intel Core i3-6100のコスパは、47.3という数値になりました。

これよりも、Core i3-8100の数値が上回る場合は、Core i3-8100の勝利となります。

Intel Core i3-8100 @ 3.60GHz

ベンチマークスコア:8,103
最終価格:$112.99 USD (2017-10-12)

性能値:8,103/価格:113USD(四捨五入)=71.7

したがって、この勝負では、Core i3-8100が勝ちましたね。

まーやる前から判っていたことではありますが・・・。

まとめ

最初から分かっていたことですが、Intel Core i3-8100の大勝利と相成りました。

た・だ・し!ただし、ですよ。

もし中古品も勝負の場に出すとすれば、もちろん時価になってしまうので参考にはならないかもしれませんが、場合によってはCore i3 6100が勝利することもあります。

Core i3 6100の中古品が、6千円くらいならば、Core i3 8100に大差を付けて勝てるでしょう。

どちらのCPUでも、ゲーミングではまだまだ現役で勝負できますから、あとはコスパ力で比較してみてください。

6世代目のSkylakeだと、中古ショップで7千円の価格で売っていたりしますんで。

結局、コスパって性能に対してコストが安いほど良くなりますから、何に使うCPUなのか、ちゃんと目標を設定しておかないと、痛い目を見ちゃいますよ。

なんていうか、そういうこともあるんだなーくらいに読んで頂ければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*