コンビニ飯の「ガーリックチキン弁当」は、バター風味で美味い!

NO IMAGE

ぜんぜん、パソコンやガジェットの話とは関係ないのですが、今回はコンビニ弁当の話をします。

ゲームやってたり、ライターの仕事をやっていると、ついついご飯を作る時間を削りたくなって、コンビニへ足を運んでしまうんですよね。

これをやめれば、節約できるんだけどね・・・ハハハ。

というわけで、今回はセブンイレブンの「ガーリックチキン弁当」の食レポでございます。

ガーリックチキン弁当の概要

f:id:krrochu2:20180310215154j:image

食べかけでごめんなさい

項目 備考
価格 498円(税込)
種類 弁当
チキン、ペンネ、玉ねぎ、ソーセージ

トレーの上に、柔らかくて歯ごたえのある白米と、噛みちぎることが容易なチキンと、パスタとソーセージの炒め物がセットされている弁当。

野菜となるものは、玉ねぎのみ。

白米は柔らかく歯ごたえ抜群(プラスポイント)

いうまでもないかもしれないんですが、コンビニ弁当の主となるものは、実は白米だったりします。

f:id:krrochu2:20180310215225j:image

この白米が不味いと、副菜であるチキンがとても不味く感じます。企業の戦略とかは知らないですが、間違いなくセブンイレブンの花形だと思うんですよね。

ちょっと固めが好きな人でも、このくらいの柔らかさなら不満は出ないでしょうし、逆に柔らかいのが好きな人にでも、問題なく受け入れられる柔らかさを持っています。

また、糠くさい感じもしないので、小さなお子さんでも嫌がらずに受け入れてくれるはずです。

と、過剰な感じに見えますが、セブンイレブンの白米はちょうど良いバランスを持っています。

ガーリックチキンは、ほんのり甘辛で柔らかでバター風味(プラスポイント)

甘辛なガーリックソースに、バターが絡んで、とても柔らかな風味です。

メインはガーリックのはずなんですが、実はバターが勝っちゃってます。

f:id:krrochu2:20180310215245j:image

でも味はしっかりとガーリックなので、その上からバターが膜を張っている感じです。

この組み合わせが何とも形容しがたいので、表現が難しいです。

なので、敢えて「新食感」とでも言っておきましょうか。とにかく美味い!の一言です。

ただ、やや濃い味なので、人によっては耐えがたいポイントかもしれませんね。

変な臭さやクセもないので、お子さんは喜ぶんじゃないでしょうか。

ペンネの部分はマイナス評価

正直、ここは省いても良かったと思いますね。

f:id:krrochu2:20180310215304j:image

ペンネではなく、例えばニンジンやインゲンなどの野菜を使っても良かったかも。

もともと、白米が主食なので、ペンネが入ることで主食となる要素が追加されちゃいますよね。

しかも高カロリーな小麦を使っていますから、女性にはちょっと痛いポイントかもしれないです。

味もそんなに美味しいというわけではないです。淡白な感じです。

白米とペンネのコラボって・・・ちょっとクドい。

つまり、野菜分とペンネをチェンジしておけば、もうちょっと見た目(彩り)が良くなったでしょうし、女性ウケも良かったかもしれませんねー。

総合評価

ハイ、何をもって最高得点なのかは分からない、総合評価点を決める、まとめ的なものです。

項目 評価点
3.5
価格 2.5
バランス 3
総合評価 3

※■味・・・美味しいかどうか■価格・・・妥当かどうか■バランス・・・全体的な評価

よって、セブンイレブンの「ガーリックチキン弁当」は総合的な評価として、5段階中3点となりました。

味はコンビニ弁当の中でも、上位に入るほどの旨さだと思いました。

ガーリックチキンを咀嚼しながら、白米を口の中に放り込んだときに、白米とガーリックチキンが、うまく融合して味が一体化します。

白米の基礎点(美味しさ)が高いだけあって、ガーリックチキンの旨さと組み合わせると、これもう最強じゃね?って思わせてくれます。

ただ、やっぱりこういう油っぽい食べ物ばかりだと、口の中が不快になりますね。

箸休め的な要素として、野菜があれば、もっと評価が高くなるのではないかと思います。

それと、品目が少ない割には、価格が高めに設定されている部分は、正直いただけないと感じます。

もっと他にも品目を充実させるべきではないかと思います。

いまの品目数のままだと、白米とガーリックチキンを食べるだけの弁当になっちゃいますね。

何度も食べたい!と思えるものではないということです。コスパが悪い。

量は十分だと思いました。

以上

コンビニ飯カテゴリの最新記事