PUBGを快適にプレイできるパソコンのスペックについて話す

YouTubeなどで、有名プレイヤーがPUBGをプレイしているのを見ると、
自分でもプレイしたくなってきますよね。

でも、どんなパソコンのスペックなら、快適に動作するのでしょうか?
気になるパソコンのスペックについて話していきます。

公式な必須動作環境は、Core i3と、GTX660だが・・・

項目 内容
CPU Intel Core i3-4340
グラボ NVIDIA GeForce GTX660
メモリ 6GB

公式サイトでは、上記のようないかにも「低スペックでも動く」のようなことを書いてます。

確かに動作はするのですが、上記の構成だとフレームレートが60fpsで維持出来ないんですよね。

  • 30fpsでアニメが見れる
  • 60fpsでゲームが出来る
  • 120fpsで超快適なゲーム環境

フレームレートの話で言うと、だいたい上に挙げたようなfps値が目安です。

もちろんプレイするゲームによりますが、PUBGのようなFPSゲームをやるなら、最低でも60fpsは維持したいところです。

同じ「Core i3」でも、”快適”な動作をするのは「Core i3 8100」

配信や動画撮影をしない限り、グラフィック設定を「中」にしても、
60fpsを維持できるCPUは、Core i3 8100です。

正確に言えば、Core i3 7100でも、中設定で60fpsを維持することは簡単なんですが、
CPUの性能が、グラボの性能に追いつかないのです。
いわゆる「ボトルネック」と呼ばれるものです。

グラフィックボードは、GTX 1050Ti以上にしよう

PUBGのグラフィックは、描画するものが多いので、ゲームがとても重いです。

fps値を60以上で維持するには、最低でもGTX 1050Tiと言われています。

もちろん、GTX 1050でも、設定次第では60fpsを維持することは可能ですが、すべて低設定の場合の話です。

60fpsを維持するための「推奨」環境

項目 内容
CPU Intel Core i3-8100
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1050Ti
メモリ 8GB

この環境であっても、中設定で60fpsを維持するのは難しいでしょう。

すべての設定を、低以下にしておくことで、ようやく60fpsを維持できるようになります。

60fpsを維持するための「必須」環境

項目 内容
CPU Intel Core i3-8100
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)
メモリ 16GB

これくらいのスペックにもなると、中設定でも60fpsを維持できるようになります。

建物などの描写が多く、重いと言われている「ポチンキ」でも、このスペックなら余裕でしょう。

また、最近実装された、砂漠のステージでも問題なく動作します。

120fpsを維持するための推奨環境

項目 内容
CPU Intel Core i5-8400
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1080Ti
メモリ 16GB

120fpsを維持するなら、これくらいの環境は必要です。

ただし、このスペックをもってしても、最高設定では120fpsを維持できません。

PUBGをプレイするパソコンを安く仕上げたい場合は?

項目 内容 価格の目安
CPU Intel Pentium-Dual Core G4560 7,000円
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1050Ti 15,000円
メモリ 8GB 9,000円

主要パーツはこんな感じです。

あとのパーツは、中古で揃えれば、およそ4~5万円くらいで仕上がるはずです。

上記に挙げたパーツを含め、すべてを中古で揃えた場合は、3万円台で仕上げられるかもしれません。

ただし、ストレージはHDDではなく、必ず「SSD」にしてくださいね。

ゲーム中に描画が発生するPUBGでは、HDDの読み込みでは追いつかない可能性があります。

まとめ

PUBGを60fps以上で維持するには、Core i3 8100と、GTX 1060の組み合わせが最適解でしょう。

価格もお手頃な、8万円台で収められるはずです。

もっと上位のスペックを選択すれば、絶対に間違いは起きませんが、価格対費用効果が低いです。

もっとも安く仕上げたいなら、PenD G4560とGTX 1050Tiの構成が良コスパでしょう。

ただし、新たなステージが実装されたり、武器の種類などが増えていけば、もっと上のスペックが必要となるかもしれません。

そういった意味では、Core i3 8100と、GTX 1060の組み合わせが、最適解といえます。

2件のコメント

  1. 良いPCですね。
    自分の理想と似てますが
    自分は大きなパソコン組みたくないで
    そのケース狙ってました。
    CPUはi5でグラボもワンステップ上げてもいいのですが
    そしたら熱問題とか出てきそうですよね。

  2. 田中さん
    コメントありがとうございます。
    そうですね、小型ケースであれば、恐らくこの辺りのCPUやグラボが限界だと思います。
    GTX1060より上位を狙う場合は、最低でもM-ATXくらいのケースがないと、キツイと思います。
    大きさと性能はトレードオフになる部分もありますね。
    水冷ならワンチャンスあるかもですが、維持が面倒ですね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です