2000円台で買える、激安ゲーミングヘッドセット!

今回は、僕がゲームで使用中のゲーミングヘッドセットについて紹介したい。正直なところ、見た目はチープだし、低価格だから耐久性に難があるのではないかと思っている。それから販売元は中国だ。製品の品質に対して、色々と賛否両論なゲーミングヘッドセットについて話をしたい。

低価格の置き型指向性マイクは、生活音が漏れ出してしまう

まず、僕がゲーミングヘッドセットの購入に踏み切った経緯を話したい。

僕は上記のマイクを、3年ほど前に購入した。Skypeなどで友人とゲームをプレイするためだ。しかし、指向性を謳っている割には、環境音がダダ漏れで、ワンルーム賃貸の僕の生活音が筒抜けだった。

今はもっぱら、友人らとゲームする時間がなくなり、ソロプレイが圧倒的に多くなった。それでも、FPSゲームのクライアントには、知らない人とでもボイスチャット出来るようになっている。ゲームの配信もする。

しかし、先にも説明した通り、生活音がダダ漏れなのだ。知らない人に、僕の部屋の水洗トイレが流れる音など、聴かせるわけにはいかない。

そんなこんなで、ゲーミング向けのヘッドセットが必要だと感じたのだ。置き型マイクではなく、ヘッドセットというものを求めた。

BUTFULAKEのゲーミングヘッドセット

by カエレバ

 

僕がこれを選択した理由は、Amazonの評価が高いことと、手頃すぎる価格だ。2000円台で購入できることを考慮すれば、万一にでも破損しても財布が痛まない。とにかくコスパが高い商品ということで、ポチった。

f:id:krrochu2:20171223222355j:plain
左は一緒に購入したサウンドカード。改めてレビューしたい。

正直に言えば、手に取った時のチープさは否めない。手触りも明らかに安い合皮のような感覚だし、すぐ劣化してボロボロになるだろう。そのため、取り扱いには要注意しておかなければ、すぐ買い換える羽目になる。

音質はフラットな感じで、悪くはない
低価格なヘッドホンやイヤホンだと、いわゆるドンシャリ系が多い。高音がシャリシャリしていて、低音は妙にドンドンしている、アレだ。僕はドンシャリ系の音が苦手だ。聴いているだけで疲れてくる。

しかし、2000円台という価格を考慮しても、本製品は「そこそこ良い音」を出す。もちろん、比喩的な意味で。音質は高音でも低音でもない、フラットだ。

特筆すべき点はない。ただし、FPSゲームで必要最低限なレベルの、定位は取れるようになっている。つまり、相手の歩いている音などもしっかりと聴き取れる。

マイクの音量は小さすぎる

f:id:krrochu2:20171223223149j:plain

Windowsのマイクボリュームを100%にしても、録音できる音が小さい。僕がボソボソと話すせいかもしれないが、それでも小さいと感じる。マイクブーストを2段目に設定し、ようやく僕の声が入るレベルだ。

原因は、写真を見てもらうと分かると思うが、マイクの位置が遠すぎるのだ。もう少し、口元に引き寄せることが出来れば、マイクブーストは必要ないかもしれない。

ちなみに、音質は決して悪くはない。これもスピーカ部分と同じく、フラットな感じに聴こえる。ノイズもない。安物のマイクでよくある、ホワイトノイズが入るといったこともない。

ボリュームスイッチと、電源スイッチがある

f:id:krrochu2:20171223223521j:plain
f:id:krrochu2:20171223223526j:plain

手元でスピーカ側のボリュームが変更出来るように、スイッチがある。これは地味に嬉しい機能だ。いちいち、Windowsの設定を変更する必要がない。

特にそれ以外の機能はないが、敢えて一言添えるなら、もう少しスイッチ部分の造形に拘って欲しい。電源スイッチ部分の造形が雑なので、たまに肌に擦れることがあった時に、バリが当たって痛い。

ゲーミングヘッドセットらしく、とにかく煌々としている

f:id:krrochu2:20171223223927j:plain

本製品には、2色のカラーバリエーションがある。一番人気は青のようなので、僕も青が好きだし、青を選択した。もう1色は赤だ。

写真を見ての通り、とにかくLEDが明るい。暗い部屋でゲームをプレイしていると、ディスプレイよりもヘッドセットの明かりが気になる。

どうせなら光らせておきたいので、LEDを消灯にすることはないが、もう少し明るさを抑えるか、もしくは明るさの調整が出来れば良かったかもしれない。というのは、この価格帯では求めてはいけないのかもしれない。

ちなみに、LEDが不要なら、USBケーブルを抜いておけば良い。

装着感もフラットな感じだ

先に言っておくが、僕は非常に頭にサイズが大きい。キャップを被る時は、絶対にバンドの部分で調節できるタイプでなければ、被ることはできない。そんな頭の大きい部類の人間だ。

安い製品だし、側圧が強いか、極端にガバガバかどちらかだろうと思っていたが、そんなことはなかった。装着感はフラットで、長時間使用していても、大きな疲労感はない。また、重量もそこまで重くないので、耳が痛くなるといったこともなかった。

f:id:krrochu2:20171223224549j:plain

頭のサイズに応じて調節できるタイプなので、よほど小さいor大きいでもない限り、普通に装着できるはずだ。

ただし、先にも伝えた通り、僕は頭がとても大きい。そんな頭の大きな僕が使用して、側圧はそんなに強くないのであれば、頭の小さな女性なら、もしかすると合わないかもしれない。少し頭を動かしたくらいで、スポスポと抜けてしまうかもしれない。

まとめ

とにかく低価格で、突出して何かが良いわけでもないが、ゲーミングヘッドセットの入門にはちょうど良い製品だ。これをスタンダードに、更に良い製品が欲しくなれば、少しずつグレードアップしていけば良い。

チープさは拭うことが出来ないとは思うが、写真で見るくらいなら、そんなに安っぽくも見えない。(かもしれない)

また、マイクの集音性にやや疑問を感じるが、マイクブーストをかければ、問題なく集音してくれる。ある程度、ソフト側で挙動を変更できるという点を知っておけば、損をすることはないはず。

ゲーム実況の配信で、顔出しするようなプレイヤーでもない限り、このゲーミングヘッドセットでも十分だと感じるので、あまりお金をかけたくないプレイヤーには非常にオススメしたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です