100円均一のカラビナとスパイラルホルダーでキーホルダーを作ってみた。バックパックに取り付けて、鍵の出し入れが便利になった話をする。

100円均一のカラビナとスパイラルホルダーでキーホルダーを作ってみた。バックパックに取り付けて、鍵の出し入れが便利になった話をする。

僕はムダな作業がとても嫌いだ。特に自宅のカギをバックパックの中から探し出すのは面倒だ。あとは自転車のカギ。これもズボンのポケットに入れておくと失くしそうで怖い。

というわけで、今回は100円ショップで購入した、カラビナとスパイラルホルダーでキーホルダーを作った話をする。コスパに優れていて、なおかつ便利なのは100円均一の特権だと思う。

古くなったキーホルダー

使い始めて5年経った100円ショップで買ったキーホルダー

僕が5年間使用した、100円ショップで購入したキーホルダー。黄緑色が気に入って購入したのが、さすがにもうボロボロ。というか100円ショップの製品なのに、よくここまで使えたと思う。

ところどころ変色していて汚く見えるし、そもそもこれをバックパックに出し入れするのがとても面倒なのだ。

カラビナとスパイラルホルダー

ローソン100で購入したカラビナとスパイラルホルダー

皆さん大好きダイソー・・・ではなく、今回はローソン100で買ってきた。

まあ100円という価格を考えれば、質感はあまり良くないと感じても、自然と受け入れることができる。むしろ100円の商品で目的を達成できるのであれば、わざわざ高価な製品を買うこともない。

キーホルダーの作り方と”コツ”

リング同士でくっ付けるのが基本

ただ闇雲にくっ付ければ良いわけではなくて、ちゃんとリング同士をくっ付けよう。下のホールは可動させたときにカギを落下させる原因になるので、そちらに付けてはならない。

可動するほうのホールは、バックパックに取り付けた時に、カギがぶら下がることがないように、フックとして利用する。つまり、フックにカギを取り付けてしまうと、先ほど言ったようにカギが落下してしまう可能性があるので、写真のとおりに取り付けてほしい。

ピンボケで申し訳ない

フックがない状態だと、このようにカギがぶら下がった状態となり、カギを紛失する可能性がある。それから自転車などで走行中に、何かに引っかかって事故の原因となる。

完成

自転車のカギもカラビナと組み合わせてみた

バックパックにこのようにして取り付けた。なかなか自然な感じに見えるし、邪魔になるようなこともない。むしろバックパックが少し華やかになったようにも思える。

部分拡大

上が自転車のカギで、下のスパイラルキーホルダーが付いているのが自宅のカギ。

自転車のカギはいちいちカラビナを取り外す必要があって、少し面倒には思うが、ズボンのポケットに入れておくよりは安全なので、そのひと手間で安心感が生まれます。カギがどこに行ったのか探す必要もないしね。

まとめ

自宅のカギのキーホルダーで200円。自転車のカギで100円。

なので合計300円で、カギがどこに行ったのか分からなくなる・・・ということが防げるようになったし、カバンから出し入れする必要がなくなった。自宅のカギを探す・取り出す時間を短縮できるようになったので、メチャクチャ便利。だし、手間が省けるので1つストレスが減った。

ただ、ひとつ気がかりなのは、自宅のカギが人目に付くようになったという点だ。まあ誰も見てないだろうし、あまり意識しても仕方がない部分ではあるが、セキュリティ的にどうなのかと言われると「甘い」の一言。

でも僕は、しばらくの間このスタイルでいこうと思う。何か問題があれば、またブログで報告したい。

100円ショップカテゴリの最新記事