パソコンはBTO・自作・Amazonで購入のどれが一番安いのか。ネット通販を想定したシミュレーションしてみた。

パソコンはBTO・自作・Amazonで購入のどれが一番安いのか。ネット通販を想定したシミュレーションしてみた。

高額な買い物なので、出来るだけ安いモノが欲しい。

そう思ってネットで検索して時間を費やすけど、結果が出せずに何となく安そうなパソコンを購入してませんか?

予算を少しオーバーしても、「まあいいか」くらいで終わらせてはいけません。しっかりと予算内でなおかつ用途に合ったパソコンを選びましょう。

BTO・自作・Amazonのどれでパソコンを購入するのが安いのか

結論から言うと、やはり自作が安いですね。

BTOやAmazonで販売されているパソコンは、メーカー側がパーツを選定していますので、どうしてもパーツ代を抑えることができません。

そして自分の用途に合うスペックなのかどうか、しっかりと見極めて購入しないと、コスパが良くないです。

ま、使えれば何でも良いやって人はそれでも良いと思うので、僕は止めませんけどね。
でもやっぱりちゃんと考えてほしいテーマです。あとから後悔しないように。

Amazonで販売されているパソコンと、自作・BTOを価格比較

では実際に価格を比較してみましょう。

僕が個人的にAmazonで安いと思った商品をテーマに検討してみましょう。

【比較元】UフォレストPC・・・155,800円

このゲーミングパソコン、完成品なのにめちゃくちゃ安いですよ。パーツの構成をパッと見ただけでも安いんじゃないでしょうか。

では、ほぼ同じ構成でBTOした場合、それから自作した場合の価格と比較してみましょう。

自作・・・150,540円

UフォレストPCとまったく同じケースを使用しているので、見た目は同じでパーツの中身が少し違うだけです。

そして価格は約5,000円安くなりますので、少しだけ自作のほうが安いということが分かりました。

パーツ 製品名 価格 リンク
CPU Core i7 8700 37019 ドスパラ
マザボ B360-F PRO 7,389 ドスパラ
メモリ KLEVV IM48GU88N26-GIIH*0 7,834 ドスパラ
HDD DT01ACA100 3,936 ドスパラ
SSD UVS-SSD240 4,797 ドスパラ
DVD DRW-24D5MT 1,819 ドスパラ
グラボ NE51060015F9-1061D 24,519 ドスパラ
OS Microsoft Windows10 Pro 64bit 日本語版 19,967 Amazon
オフィス Microsoft Office Home and Business 2016 (最新 永続版)版 34,160 ドスパラ
電源 NE550C 4,800 ドスパラ
ケース Thermaltake Versa H26 Black /w casefan 4,300 Amazon

BTO(ドスパラ)・・・157,980円

UフォレストPCとほぼ同じ価格ですが、ドスパラのほうが2,000円高いですね。

が、こちらはゲーミングマウスとゲーミングキーボードが標準添付されていてこの価格です。すでにどちらも持っている場合は不要かもしれませんが、それでもお得ですね。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=7806&sn=0&st=1&vr=10&tb=3#tabContents

BTO(マウスコンピュータ)・・・173,000円

正直言って高いです。上記2つの製品と比べて、パーツ代だけで2万円も高い。

そしてドスパラのようにキーボードやマウスが標準添付ってわけでもないので、お得感はありません。

https://www.g-tune.jp/gaming/WOT/?adobe_mc=MCMID%3D08855945301335396123865151680442105736%7CMCAID%3D2DB74E6985033020-40001197C000361C%7CMCORGID%3D5EE1A2B154D57F4B0A4C98A7%2540AdobeOrg%7CTS%3D1540089032

まとめ

販売されているパソコンと、自作した場合を比較したら、5,000円~20,000円くらいの差が出ましたので、自作がもっとも安いことが分かりましたね。

ただ、メーカーもかなり善処していると思います。自作は手間がかかることで敬遠されがちですが、その自作の手間を考慮しても組み立て代金で2万円以内です。

特にドスパラUフォレストPCは、自作との差額が1万円以内ですから、ちゃんと採算が合っているのか素人ながらに心配になります。

この価格を手間賃と見るか、保証と見るか・・・といったところだと思いますが、時間を惜しんででも僕は自作をオススメします。

何故なら、本当にそのスペックが必要なのかどうかは、その人次第だからです。

どーーーしても、自作のような組み立ての知識や、時間が惜しい人はBTOで買うべきだと思いますが、その分無駄が生じることは間違いないでしょう。

無駄なお金を支払いたくないのであれば、ぜひ自作を検討してみてください。

自作パソコンカテゴリの最新記事