ブログの記事を書くなら、「Typora」で決まり!めっちゃ便利です

僕はこれまで、散々とブログの記事を書くテキストエディタを探して回りました。iOSでアプリを買い漁ったり、AtomやらVisual Studioやら、色んなソフトをインストールしては、気に入らなくてアンインストールを繰り返していました。

苦節3年、ブログの記事を書くための、使いやすいテキストエディタ「Typora」に出会えましたよ。

「typora」は無料で使いやすいテキストエディタ

多くのテキストエディタは、太字や見出しなど、ブログ記事を作成するために必須な機能は、当たり前に搭載されています。ですから、テキストメインで、あまりタグを使わない人には、正直どんなテキストエディタでも問題ないかもしれませんね。

僕はよく「表」をよく使います。その製品の性能を一覧化したり、比較したりすることで重宝しています。

しかし、そんな「表」を簡単に作成してくれるテキストエディタは数少ないです。一応、AtomやVisual Studioなどでは、パッケージをインストールすることで対応できます。でも、パッケージが多すぎて、どれが正解なのか分からないです。

Atomの開発者が作っているわけでもありませんから、何かトラブルが発生しても、自己責任の域を脱することはありません。

「typora」は「表」を簡単に作成してくれる支援機能がある

「Ctrl+T」で表の挿入が可能

f:id:krrochu2:20180506083021p:plain

表を作成したあとは、列や行の追加が可能

f:id:krrochu2:20180506083104p:plain

f:id:krrochu2:20180506083201p:plain

センタリングなどもUIで簡単操作できる

f:id:krrochu2:20180506083219p:plain

f:id:krrochu2:20180506083231p:plain

意外とMarkdownで表を作成するのって面倒くさいんですよね。僕がMarkdownで記事を書く時に、一番嫌いな作業です。

スニペットやコピペ支援ツールなど、そういったソフトに頼れば良いことだとは思いますが、記事作成のためにソフトを増やしたくないのが本音です。

しかし、typoraでは「Ctrl+T」のショートカットが用意されていますので、キーを押下するだけで表の作成が可能なんです。

どうでしょうか?僕と同じことを考えている人って少ないですかね?

ハイパーリンクの作成支援機能がある

これも意外と面倒な作業で、僕が2番目に苦手としていることです。

記述方法は、カッコの中にURLとリンク表示させるテキストを書き込むだけですが、あまり頻繁に使うことがないので、どっちが先に来るのか分からなくなることがあります。これは長い間、マークアップで書き続けた弊害のような気がします。HTML表記なら覚えているのにね。

f:id:krrochu2:20180506082917p:plain

「Ctrl+K」のショートカットキーで対応できます。

画像の貼り付けができます

「typora」単体では、「WordPress」や「はてなブログ」への投稿機能はありません。ですから、画像を貼り付けたところで・・・って話なんですが、記事全体の見栄えは確認できます。

また、PDFでのエクスポート(保存)が可能ですので、Word代わりなんかにもできそうですね。大学の講義をメモしたものを印刷するのに便利だと思います。

全体の出来栄えが見やすい

どんなテキストエディタにも言えることですが、全体の出来栄えが確認できるかどうかで、使い勝手が変化すると思います。全体像が見えない、あるいは見えにくいテキストエディタが多い中で、「typora」は見えやすい部類に入ると思います。

プレビューモードとソースコードモード

プレビューした状態でガシガシと記事の執筆が可能なんですよね。なので、常に全体像を見ながら、文章の構成などを調整することが出来ます。これが非常に便利です。

プレビューモード

f:id:krrochu2:20180506082636p:plain

ソースコードモード

f:id:krrochu2:20180506082737p:plain

つまり、出来栄えを確認するために、左のペインに編集領域、右のペインにプレビュー領域などと、わざわざ遠回りなことをしなくても、「typora」は1画面で編集することが出来ます。

一方で、ソースコードモードでは、プレビューモードで書いた内容を、その名の通りソースコードのプレビューが出来ます。もちろん、プレビューモード同様、そのまま編集することも出来ます。

プレビューモードでうまくレイアウト出来ない場合は、ソースコードモードにして編集すれば、細かい調整が利くというわけですね。超便利。

WordPressへの投稿機能がない

あくまでも、テキストエディタという立ち位置なわけなので、どうやら「WordPress」や「はてなブログ」への投稿機能が無いようです。

せっかく画像も貼り付けることが出来ますから、編集した内容そのままを投稿出来るようにしてほしいところです。

アップデートもそれなりの頻度であるようですので、そのうち実装されるかもしれない機能の1つです。気長に待ちましょう。

製作者はイギリスの個人事業主?

ちょっとネットで調べてみたところ、どうやら作者はイギリスの個人事業主のようです。あくまでも少し調べた程度なので、確定情報ではありません。

Typora作者のTwitter

無料で広告がないので、実は裏があるように思えて仕方がないですが、いまのところセキュリティソフトは反応していません。

僕は使い始めて1周間経ちますが、妙な動きはしていないように見えますので、安心して使っても良さそうです。

「typora」は個人が制作していたようなのです。驚きですね。しかも広告なしで無料なので、多くを求めてはいけません。

ちなみに、現在のバージョンは「0.9.50(beta)」と表記されています。もしかしたら、バージョン1以降は有料ソフトになるかもしれないですね。あくまでも僕の推測なので、外れたら作者さん、ゴメンナサイなんですけどね。

「Typora」は、「Ulysses」の影響を受けている?

見た目がよーく似ているように思います。使い勝手はちょっと違います。随分と違うかもしれない。ただ、インターフェイスの感じは、「Ulysses」に近いものがあります。僕はメチャクチャ好きですね。

僕がiOS(iPad Pro)で、初めて使ったMarkdownエディタが、実は「Ulysses」なんですよね。当初は買い切りで購入してみましたが、今はなんと月額制・・・。すごい敗北感と反発心があります。

でもこのソフトでその敗北感や反発心は緩和されました。作者さん、どうもありがとうございます。これからも僕は「typora」のファンでありたいと思います。

まとめ

めっちゃ便利なテキストエディタ「typora」は、無料で使えます。もちろん広告もありません。僕はこのソフトが有料になったとしても、絶対に買います。

ブロガーはもちろん、学生さんがノートのまとめに使うのも良いですし、会社の資料を作るためのWordなどの代用にしても良いと思います。(ただしWordやPowerPointとは互換性がありません)

ちなみに、WindowsとMac、それからLINUXに対応してます。Windowsには、あるようでなかったソフトですね。iOS版もあれば良いなあと思ってます。

Typora

Typoraは上記のリンクからダウンロードできます。トップページのオープニングムービーのようなテキストは、ちゃんと飛ばせます。よーく見ると、画面下部に矢印が入ってますので、そのままスクロールして頂ければ大丈夫です。