SONYの「WH-CH400」はおしゃれで軽量!耳も痛くならない!

こんにちは。ヘッドホンの音質にはこだわりがある、ガジェット大好きおじさんのクワタです。

今回は、SONYのBluetoothヘッドホン「WH-CH400」についてレビューします。

Bluetoothヘッドホンの中では安い!

価格は4,800円~5,800円くらいと、Bluetooth接続のヘッドホンにしては、とても安い部類に入ると思います。

商品名 価格 製品ページ
WH-CH400 ¥5,234
COWIN E7 PRO ¥8,980
POSITIVE VIBRATION 2 ¥8,510
ATH-S200BT ¥5,705

この一覧のどれをとっても、Amazonで人気の製品です。

しかし、まずは安さで攻めてきましたね。SONYさん。

僕が挙げたBluetoothの人気製品の中では、トップの安さです。

びっくりするくらい軽い!重量は103g!

どうです?信じられますか?この製品の重さは、なんと103gですよ。

装着した瞬間、まず感じたことは、「え?これ付けてる感覚がないよ?」でした。

厳密にいえば、しっかり感触はありますし、重量感もあります。

でも、軽すぎて「付けていることを忘れるくらい軽い」んですよ。

試しにPUBGという銃で撃ち合うゲームで、5時間ほど装着してプレイしてみました。

うん、全然耳が痛くならないッ・・・!

頭が大きくても大丈夫!頭も耳も痛くならない!

これね、箱から出した時にメッチャびっくりしました。

なんせ小さすぎるんですから、これって頭の大きな僕でも大丈夫か?と思いました。

でも大丈夫!パッと見は分かりませんが、ちゃんとヘッドバンドを調節できます。

f:id:krrochu2:20180407201413j:image

f:id:krrochu2:20180407201418j:image

イヤーカップを軽く引けば、このようにヘッドバンドが伸縮します。

割と長くなりますから、どんなに頭が大きくても大丈夫でしょう。

ちなみに、僕は頭が大きい+メガネ族なので、側圧が強いヘッドホンだと、耳が痛くなります。

でも、「WH-CH400」で5時間ほど一度も外さずにゲームをしてみましたが、頭も耳も痛くなりませんでした。

カラーバリエーションは4色

WH-CH400は、ブルー、レッド、ホワイト、ブラックの4色あります。

僕はブルーを選びました。

原色に近い青色ではなくて、ちょっと緑色がかった青色です。おしゃれですよね。

このカラーバリエーションが、服の色に合わせやすいので、ファッションにもなりますね。

f:id:krrochu2:20180407201745j:image

ちなみに、僕が購入した青色のWH-CH400は、こんな感じの色です。

30過ぎたおじさんでも、こんな色のヘッドホンを付けていても、痛い感じにならないのがポイント。

やや音漏れするのがマイナスポイントか

オンイヤー型のヘッドホンなので、音量が大きいと、音が漏れてしまいます。

電車内など密閉された空間で使用するには、音量に気を付けないといけません。

試しに、iPhone 8 Plusで音量をMAXにしてみたところ、2mくらい先まで聴こえていました。

オンイヤーですから、音を絞ってもちゃんと聴こえます。

周囲に迷惑がかからない程度に、音を出すようにしておけば、外出先でも安心でしょう。

えっちぃ動画をガンガンに流した状態で外に出るのは危険ですよ。きっと。

まとめ

クワタ的におすすめできる、SONYの「WH-CH400」は、コスパに優れています。

また別の記事で書きますが、とにかくバッテリの持ちが良いですし、軽量ですから外出先で疲れ知らずでしょう。

僕はよく音楽を聴きますので、ヘッドホンを首にかけて室内をウロウロしますが、肩が凝らないです。

重さをほとんど感じませんから、長時間の使用でも、耳や頭が痛くなりません。

ちなみに、製品の説明欄に「ハンズフリー」とありますが、しっかりとパソコンでも使えますよ。

ただし、VCはできないです。そこも残念。

今はAmazon含め、ヨドバシなどでも品薄なので、購入はお早めに!