FEG(ファンタジーアースジェネシス)は、つまんない「綱引きゲーム」

FEG(ファンタジーアースジェネシス)は、つまんない「綱引きゲーム」

FEZ(ファンタジーアースゼロ)をこよなく愛した男、桑田です。

自慢じゃないですが、僕はFEZを5年間、ほぼ毎日プレイしてました。

なので総プレイ時間で言うと、7,000時間はゆうに超えているんではないかと。

そんな僕がFEG(ファンタジーアースジェネシス)をプレイして感じたことを書いていきます。

FEZのスキンを借りたクソゲ-

はい、ホントこの通りなんですね。

FEZと言えば、TPSゲームの金字塔・・・っていうのは言い過ぎですが、まあ流行する前の先駆けと言っても過言ではないかと。

PUBGやフォットナなどでお馴染みのTPSですね。

当時は「プレイヤースキル()」とか言われてたアクションゲームですが、やってみるとプレイヤースキルの重要性が理解できるでしょう。

プレイしてみたことがない方は、ぜひ上の動画を視てください。FEGとはかけ離れてますのでね。


FEG戦闘
画像は4gamer(https://www.4gamer.net/games/396/G039602/20180903001/)から拝借

TPSとかじゃなくて、最近流行ってもない「クォータービュー」を採用しているのだとか。

どうしてこうなった感がしゅごい。


綱引きゲー

feg戦場図
厳密には四角ではないけど、ほぼこんなマップが多い

僕の図が下手くそなのはさておき、上の図のようなマップで100人が入り乱れて戦う。

マップの東西に分かれて、クリスタルタワーを占拠するのがFEGの基本。

 

だけどね、東西にしか分かれない戦場で、押し引きを楽しむゲームって、何が面白いの?

クリスタルタワーを占拠するだけで、ほかに戦場で楽しめる要素が無い

 

これならオベを建てて領域を奪い合うゲームのほうが楽しかった。

オベ殴ったり、僻地や召喚でスコア厨したり、キマでFB狙って逆転のために皆で協力したり・・・。

 

まあこんなことを言い出すと、ただの懐古厨なので、このへんでそろそろ。

参考動画(戦争)

FEZをプレイしてない人なら、面白いと感じるかもしれませんね。

少なくともFEZをプレイした人であれば、このゲームが「つまんね」ってなるのは明白。

久々にスマホゲーでアツイ!と感じたタイトルだっただけに、残念な気持ちでいっぱいである。

課金崇拝制度

ここはFEZの時代から何も変わっちゃいませんが、ガチャが酷い。

お決まりかもしれませんが、一応言っておきます。

FEGはガチャ制度の色が濃い
初回の無料ガチャ

もちろんこのゲームにはチュートリアルものがあり、その中でも色濃く”推し”が凄いガチャ。

FEGはガチャ崇拝制度が色濃い
ガチャを回すとネコが出てくる

このネコがガチャをコントロールしてくれるんですが、正直可愛くない。

FEZだと魔道皿の魔導具になっていたネコだと思うけど・・・。

FEGガチャのアタリ(中)演出
FEZでおなじみのワド様が出てこないので駄作

いきなりガチャ色が強いので、これが何のゲームだったか目的を忘れてしまいそう。

〇〇の装備を入手するには札束投入・・・なんていうのがFEGである。

FEZにもカジノはあったものの、カジノが絶対ってわけでもなかった。

オフィ装備があれば良かったし、Lv40を達成すればmobドロップの装備も用意されていたしね。

 

これまた懐古している話なので、そろそろこの辺で。

 

建築要素がない

先述のとおり、このゲームは「クリスタルタワー」を占拠して、あとはキルを多く取った軍が勝ちとなる。

戦場で出来ることも限られていて、とにかく殴り合うしか勝ち目はない。

 

このゲームはアクション性はおろか、戦術もへったくれもないので、「戦闘」しかやることが無いのであれば、先が見えている。

 

最近流行りの「MOBA」を取り入れたのだと思うが、到底DotaやLoLなんかに適うわけがなく。

同じくスマホでリリースされている、「モバイルレジェンド」や「Vainglory」の足元にも及ばないゲーム内容。

 

建築要素が加われば、もう少しマシなゲームになれそうだが、しかし爽快感も何もないので、建築要素があったところで・・・と思う。

 

まとめ

FEGは前身の「FEZ」ほど流行ることはないし、ただの札束で殴り合うゲーム。

戦場でやれることといえば、アクション性がなく爽快感もない戦闘のみ。

何か裏方要素や建築要素など戦術に選択肢があれば、もう少しマシなゲーム内容になりそうだが、ゲームの根幹が面白くないので先は短そう。

 

過去の人気タイトルを食いつぶすだけのクソゲーと評したい。

(せっかくアソビモとスクエニの合作なだけに残念無念)

あまりよくないものカテゴリの最新記事