【iPad】バックライト付きBluetoothキーボード「TOPLIFE」購入レポート

f:id:krrochu2:20190502023455p:plain



iPad Pro 9.7インチで仕事を進めるあなたには必要でしょう。暗がりでもOKなバックライト搭載の、iPad Pro9.7インチ用キーボードを紹介します。



ただ、中華製だけに粗悪でした。





バックライトが点くだけでテンションが上がる



バックライトが光る!TOPLIFEのカバーキーボード
バックライトが光る!TOPLIFEのカバーキーボード



今どきなら当たり前かもですが、バックライトが点灯するだけでテンション上がりますよね。もうそれだけで存在価値があるんですよね~。これなら暗がりでも仕事を進められますので、便利だと思います。



打鍵感は意外にも優秀だった



打鍵感が良好なTOPLIFEのカバーキーボード
打鍵感が良好なTOPLIFEのカバーキーボード



パンタグラフ式のキーボードだし、キートップが小さいので入力しづらいかも・・・と覚悟を決めて購入しました。が、良い意味で裏切られました。



しっかりとキーを押下した感触があって、なおかつミスタッチがほとんど起きません。僕の手には相性が良いキーボードでした。





千差万別かと思いますが、打鍵感は最高です。キーボード自体は数百円くらいの価値なんでしょうけども、とても頑張ってくれています。





引っかかるキーが多く存在



F9キーが沈んだままで戻ってこない
F9キーが沈んだままで戻ってこない



TOPLIFEのキーボードで、一番残念なところです。



F9キーを押下すると、沈み込んでから戻ってこなくなりました。ここにはメディアキーが割り当てられていて、使用頻度はそれなりにあるので不便。



無残にも取れてしまったF9キー
無残にも取れてしまったF9キー



あとは、他のキーも引っかかって戻ってこなくなりそうな感触です。





Amazon経由でメーカーに問い合わせしたところ、返品・交換対応は行ってくれるそうです。しかし、返品も交換も手間なので、このまま使用します。同じ症状に当たった人は、ぜひとも返品・交換を依頼してくださいね。





でっかい手帳みたいでダサイ・・・



相当ダサイ外観のTOPLIFEカバーキーボード
相当ダサイ外観のTOPLIFEカバーキーボード



なんか一昔前のサラリーマンのおじさんたちが持ってた、システム手帳みたいな見た目。しかも合皮で作られているので、 一目見ただけでも安っぽさが伝わります。



スタイリッシュを求めている人には、ちと厳しいかもしれやせん・・・。





ちなみに、後継機種っぽいのがありました。↑



見た目は大幅にアップグレードされていますが、やはり組み立ての面倒さは解消されていなさそうです。写真を見る限りだと、キーボードも全く同じ製品を使っているようですね。



Apple Pencilをはめ込む穴があって便利だけど・・・



僕が持っているApple Pencilは、第一世代目の製品。なので、コロコロ転がって鬱陶しいです。



コロコロと転がっちゃうのを防ぐために、TOPLIFEのカバーキーボードには専用のはめ込み穴があります。ここにはめ込んでおけば、うっかりと転がすことはないです。



でも、今度は取り外すときがちょっと面倒くさい。外しにくいです。



組み立てが面倒くさい



このようにしてキーボードは着脱できる構造になっている
このようにしてキーボードは着脱できる構造になっている



Apple純正のカバーキーボードでも同じことが言われていますが、組み立てが面倒です。毎回毎回、キーボードを使うたびに、カバーを変形させなければなりません。



しかもTOPLIFEのカバーキーボードは、キーボードが着脱できて便利そうに思うかも知れませんが、そうでもないです。うまくキーボードの位置を決めるのも面倒くさいんです。



ワンステップで組み立てまで希望する人は、買わないほうが良さそうですね。



まとめ



取れてしまったF9キーは、元の場所に押し込むとハマったが・・・
取れてしまったF9キーは、元の場所に押し込むとハマったが・・・



打鍵感だけは良かったので、意外とアリだなと思っていましたが、残念ながらスタメンにはなれそうにもないです。(捨てちゃうかも)



購入してからすでに3ヶ月経過しているのですが、どうしてあのとき返品しなかったんだろうか。4千円したので、ちょっと後悔しています。





コメント