FPSゲームで使うヘッドセットは、最低でも5千円台から。2千円台がどうしてダメなのか分からせる。



Amazonには誘惑の悪魔が棲んでいます。悪魔の棲むAmazon奥深くで戦う男、管理人のKuです。



安くて見栄えが良い製品って、つい買ってしまいがちなんですが、大半は買った後に後悔しています。



そして、今回紹介する2,000円で買えるヘッドセットもそのうちの1つ。



なお、評価の★は最大で5つです。




まずは外観チェック(評価:★☆☆☆☆)


2年前に僕がAmazonで購入した、2千円台のヘッドセットです。


USBが付いているので、てっきりUSB接続のヘッドセットかと思いきや、ヘッドホンとマイクのプラグ式でした。ピンクとグリーンのやつ。パッケージにも「USB」と書かれていますが、USBはLEDを光らせるためのもの。ふざけるな。


ちなみに、メーカーは「BUTFULAKE」で、製品名は「SL-100 PRO GAMING」。プロゲーミング?


パッと見は、Logicoolなどの老舗ブランドを彷彿とさせる
パッと見は、Logicoolなどの老舗ブランドを彷彿とさせる


開梱して感じたのは、「なんだこれだっせえ」でした。


正直、これを買って喜んで良いのは、中学生くらいまでかな、と。それくらいだっせえです。いや、中学生でも喜ばないかもしれない。


プラがとてもチープな感じです。


ヘッドバンド部(ぺりぺりをまだ剥がしていないので、光沢がありますが非光沢)
ヘッドバンド部(ぺりぺりをまだ剥がしていないので、光沢がありますが非光沢)


サイド。蛇のマークがイカす。のか?
サイド。蛇のマークがイカす。のか?


全体。もうちょっと青が抑えめなら、高級感が出た。かも。
全体。もうちょっと青が抑えめなら、高級感が出た。かも。


スピーカ音質チェック(評価:★★☆☆☆)


100円均一で売っているヘッドホンやイヤホンと同じくらいの音質です。


全体的に音がショボく、シャリシャリします。サ行がきつめに聴こえますが、やや籠もり気味。


音の解像度はそんなに低くないですが、高くもないです。


PUBGやApex LegendsなどのFPSをプレイする場合、僕は選択肢に入れません。


これを使うくらいなら、あと3,000円くらい足してHyper XのCloud Stingerを買うかなあ。


Amazonのレビューを見ると、サクラっぽいのが多数ありますが、ダマされないように。


良くも悪くもなく、安物の音しか出ません。これはホント。


ノイズキャンセリング


まさかそんな。ありません。


密閉型ですが、けっこう周囲の音を拾います。


どうしても気になるなら、分解してハウジング部分にティッシュでも詰めれば良いかと。


マイク音質チェック(評価:★☆☆☆☆)


周囲の音がけっこう入りますが、気にするレベルではありません。


何故なら、マイクの音がかなり小さくて、VCをしていると「音小さくね?」と言われます。


そして、ノイズが乗ってしまいます。


これは恐らくケーブルが粗悪なせいだと思います。PCから出るノイズをバンバン拾っています。


とてもじゃないですが、このマイクは使いたくありません。他に卓上などを用意したほうがよほどマシです。


なぜメーカーはUSBにしなかったのか・・・。


音質を気にしないならアリ


「まー安物でいっかー。目的さえ果たせれば良いし。」


って感じのプレイヤーなら、この製品は大いにアリです。


2,000円くらいで買えるヘッドセットって、だいたいがゴミなんですが、これはまだ使えます。


こんなことをレビュー系の記事で書くと怒られると思いますが、敢えて言うと「使えるゴミ」です。


ただし、僕は使いません。二度とレビューでダマされないAmazonプレイヤーになりたいです。


まとめ


総合的に見て、評価はゴミです。クズは付けません。


メインのヘッドセットが不慮の死を遂げたときに、サブとして使うのはアリ。


それ以外の運用は無いですね。↓に商品リンク貼っておきます。



コメント