朝食やおやつタイムにおすすめの菓子パン 3つ

僕は朝食に必ずパンを食べる。コンビニやスーパーは長いお友達。

 

朝の出勤時にコンビニへ立ち寄ってパンを買うのだけど、その時に売っていれば必ず購入するパンをご紹介。

 


どれも王道だけどね



 



黒糖スナックサンド モンブラン



商品名がはっきりしないと思っている菓子パン。黒糖スナックサンドなのか、スナックサンドの黒糖モンブランなのか。恐らく、【黒糖】スナックサンドのモンブランが正解。まあそんなことはどうでも良い。

 

ちなみに、基本的な部分はランチパックと同じと思って良い。

 


f:id:krrochu2:20190905130934j:image



 


f:id:krrochu2:20190905130928j:image



 

味は薄めだけど、甘すぎないので食べやすくはある

 

ただ、せっかくのモンブランが生クリームのせいで台無し。生クリームの量が、モンブランの量を上回っているからだろう。つまり、モンブランの量が少ないということ。「モンブランだよ」って言われても気付かないレベル

 

でも甘すぎないので、気軽に食べられるのがポイント。同商品の他の味と比べても、僕はモンブランが一番美味しいと感じた。

 


断面はランチパックと同じ



僕は1988年生まれなので、スナックサンドが元祖とか言われても、正直どうでも良い。生まれたときには、すでにランチパックがあった。そしてどちらを購入するのか選択の余地があれば、ランチパックを買っていた。何故ならランチパックのほうが美味しいから。

 


f:id:krrochu2:20190905130938j:image



 


f:id:krrochu2:20190905130922j:image



 


f:id:krrochu2:20190905130930j:image



 

 


元祖スナックサンドは、1975年9月15日に発売。ヤマザキは1984年1月。



ちょっと分かりづらいけど、袋の裏面に「日本初の携帯サンドイッチはスナックサンドなんだよ」と書かれている。

 

ヤマザキの「ランチパック」のほうが有名だから、スナックサンド(フジパン)の存在があまり知られていないかもしれないが、こちらのほうが歴史が古い。

 

フジパンが「スナックサンド」に敢えて『元祖』と付けるのは、他社製品をパクリと比喩しているように見える。何故なら後発のランチパックのほうが売れてしまったから、フジパンとしては『元祖』を強く主張したいのだろう。

 

だけどせっかく美味しいモノを食べる前に、大人の事情なんて見たくないので、フジパンさんには是非とも『元祖』と付けるのは止めていただきたい。

 


薄皮ピーナッツパン



ヤマザキの「薄皮シリーズ」で一番好きなのがピーナッツ味。

 

パンを丸ごと口の中へ放り込むと、ピーナッツクリームが「じゅわ~」と広がる。パンよりもピーナッツクリームを食べている説もあるが、これはれっきとしたパンである。

 


f:id:krrochu2:20190905130946j:image



 


f:id:krrochu2:20190905130942j:image



 

はっきり言って、ヤマザキの菓子パンは甘すぎる。甘いのだけど、薄皮ピーナッツパンのクリームは吐き気を催すレベルではない。だからこそ、立て続けに5個のパンを口の中へ入れても食べられる。

 

ただし、胃の調子が万全じゃないときには食べられない。クリームの量が多くて、案外胃もたれを起こす。

 

同商品の「薄皮つぶあん」もかなり美味しいけど、あんが重すぎて5個食べきる前に胃もたれを起こす。

 


ネオ レーズンバターロール



バターロールの中にマーガリンは最強だと思っている。そこへさらに、レーズンが入っているのは無敵。そんなパンがネオレーズンバターロールだ。

 

美味しいので、できれば1袋(6個)を食べきりたいところだが、マーガリンが意外と胃もたれする。

 

でもウマいのでいくらでも食べたくなる。

 


f:id:krrochu2:20190905130953j:image



 


f:id:krrochu2:20190905130949j:image



 

ちなみに、セブンイレブンを始め、コンビニ各社が独自販売している同じような製品がある。だけど、ネオレーズンバターロールと比べると格が落ちる。マーガリンの量が圧倒的に少ない。

 

ネオレーズンバターロールが何故美味しいのかというと、マーガリンがたくさん入っていて、しっとりとしているから。マーガリンの量が少ない他社製品は、マーガリンが少ないのでパサパサしている。

 

そんなわけで、ロールパン系で最も美味しいのは、ネオレーズンバターロールということになる。

 


菓子パンによく合う紙パックコーヒー「丸福珈琲店 アイスコーヒー」



僕はコーヒーをよく飲むのだが、品種や味などを詳しく知らない。

 

個人的に酸味が強いコーヒーよりも、苦味が強いほうが好み。酸味があるコーヒーも美味しいのだが、後味が残るのでたくさんは飲めない。

 

そして丸福珈琲店のアイスコーヒーは、酸味より苦味のほうが多い。だから妙な酸味が口の中に残ることはない。飲み口が良いので、いくらでも飲めてしまう。

 


f:id:krrochu2:20190905131000j:image



 

それから、酸味が多いと甘い食べ物との相性があまり良くないと勝手に思っている。

 

少なくとも、酸味よりも苦味が多いコーヒーのほうが、甘みをうまく相殺してくれるので、甘い食べ物が進みやすい。

 


f:id:krrochu2:20190905130956j:image



 

暦上は秋だが、残暑は続く。

 

気温が高いときの氷入のアイスコーヒーはめちゃくちゃうまい。

 


まとめ



菓子パンといえば、フジパンかヤマザキ。どちらもよく似た商品が多い気がするけど、一長一短あって面白く、そして美味しい。

 

僕は朝食としているが、おやつタイムにもちょうど良いと思う。





パンの紹介だったはずだが、自分の好みの話になっていたとさ。おしまい。

コメント