100円ショップのスマホレンズは、「つかえる」のか?


iPhone 8Plusはそれなりに高角で撮ることはできるが、実はマクロがそんなに強くない。というより普通のデジカメと比べると弱いんじゃないだろうか。というわけで、スマホのレンズを取り付ければ強くなるかもしれない・・・と考え、まずは100円ショップの製品を比較してみた。









セリアのマクロレンズ




小さい被写体をはっきり接写できるのがコンセプト



自宅の近くに植生してある「エノコログサ(猫じゃらし)」を撮影してみた。




ピントがうまく合わない



全体的にボケていて、はっきりと写らない。製品の説明には「はっきりと接写できる」と書いてあったのは何なのか。




恐らくiPhoneのカメラレンズが、外付けのスマホレンズを異物として認識しているのかもしれない。なので上手くピント調整できず、ボケてしまうのではないかと考えた。(単純に筆者の腕前のせいかもしれないのでこれ以上は何も言うまい)




ダイソーの広角レンズ




スマートフォンで背景まで広く撮影できる



今回は自宅近くの線路あたりを撮影してみた。




スマホレンズを付けて撮影



何だか魚眼レンズのようだ。画面中央から外に向かって、少しずつ被写体が湾曲しているのが分かるだろうか。特に画面左の倉庫は顕著に湾曲して見える。




スマホレンズなしで撮影



ちなみにスマホレンズを付けずに撮影すると、一切湾曲していない。つまりスマホレンズ自体が湾曲しているということになる。やはりこれは魚眼レンズだったのではないだろうか・・・。何故なのか。。。




ローソン100




こちらは試してみたが、中身はダイソーのものと全く同じだった



残念ながら、中身はなんとダイソーのものと全く同じだった。パッケージだけが違っているのでこれは本当に注意してほしい。というわけで撮影は割愛した。




まとめ




分かったことは1つだけある。そう、スマホレンズなんて最初から必要なかったのだ。




僕はスマホ1つで撮影を済ませたかったので、デジカメや一眼を荷物に入れたくなかった。しかし、それがそもそもの間違いだ。デジカメや一眼とスマホでは、レンズの構造が異なるわけだし、スマホだけでデジカメと同等になるなんてことはない。




iPhone 8 Plusで背景をボカした撮影



このようにiPhoneだけでも背景をボカすことが出来るし、それなりに綺麗に撮影できるわけだ。そして、デジカメと同等の画質なんてことは無理なのだから、最初から黙ってデジカメを持ち運べば良い。




もしスマホにレンズを付けたければ、以下のような望遠レンズであれば、もう少し撮影の役に立つかもしれない。しかし先ほども言ったと思うが、わざわざ機材を揃えて荷物を増やすくらいなら、最初からデジカメ1本に絞れば良いわけで。







Longruner スマホレンズ 4in1 スマホ望遠レンズ 15Xマクロレンズ 0.63X広角レンズ 12倍ズーム望遠レンズ 198度魚眼レンズ クリップ式 Samsung iphone Sonyスマートフォン タプレットなどに対応 LA06 posted with カエレバ Longruner Amazonで見る




こういった製品をどうしても使うのであれば、無線式のリモートシャッターと組み合わせて使うと自撮りなどで役に立つかもしれない。



コメント