GTX 1060(VRAM 3GB)は、Apex Legends で生き抜けるか?

GTX 1060 を購入するなら、VRAM 6GB 推し。

どうしてなのか理由を書いていく。

Apex Legends VRAM 3GBでもなんとかやれる
Apex Legends VRAM 3GBでもなんとかやれる

Apex Legends は VRAM をけっこう使う

筆者は1年ほど前に、Core i3 8100 と、GTX 1060(VRAM 3GB)を組み合わせて、コスパが良いゲーミングPCを作った。そして PUBG のプレイが快適であることを何度か力説してきたが、それはもう過去の話。いまや PUBG ではなく、Apex Legends の時代なわけ。

少し分かりづらいが、以下のスクリーンショットを見てほしい。「アドバンス」という項目に、VRAM 警告が赤文字で表示されているのが分かるだろうか。警告:ご利用環境の推奨量よりも、多くのメモリーを割り当てようとしています。検出VRAM容量:3072MB

ApexLegends VRAM警告
ApexLegends VRAM警告

GTX 1060(VRAM 3GB)を購入した時点で予測できていたことだが、こんなにも早く到来するとは・・・。ゲームの進歩が恐ろしいと感じた瞬間だった。

GTX 1060(VRAM 3GB)で、Apex Legends はプレイできないのか?

結論から言えば、可能である。

先ほどのような VRAM 警告が出ていたとしても、OS側で判断されている VRAM 使用量は、2.4GB~2.7GB程度に留まったからである。

つまり、Apex Legends の設定画面で警告が出ている理由は、「VRAMの許容量をオーバーする可能性があって、プレイに支障をきたす可能性もある」ということであり、プレイできないということではない。

ApexLegendsタスクマネージャ
ApexLegendsタスクマネージャ

試しに、Apex Legends のロビー画面で5分間くらい放置してみた。スクリーンショットが小さくて見づらいかもしれないが、「専用 GPU メモリ」の項目には、2.5/3.0 GB と表記されていることが分かる。VRAM 3GB なので、とてもギリギリのラインだと思うが、なんとか耐えられている。

そして動画など証拠になるものがなくて申し訳ないが、プレイ中は 3.0 GB をオーバーすることはなかった。

例外としては、バンガロールのスモークや、テルミットグレネードがたくさん配置されているような混戦状態が続くと、VRAM が 3.0 GB に張り付くシーンはあった。もちろんその際は画面がカクカクしていた。GTX 1060(VRAM 3GB)だと混戦は得意ではないようだ。

では、VRAM 3GB のグラボで生き残るにはどうすればよいか?→解像度を下げてみよう

素直にグラボを買い替えたほうが良い。

あまりにも短絡的なので、もう少しあがいてみよう。筆者は買い替え案についておおむね賛成だが、グラボは高価なのでポンポンとお金を出せるようなものではない。しかも、グラボを買い替えたといっても、使う場面はゲームなど 3D をキビキビと動かす場面に限られてしまう。正直、普通にネットサーフィンをやる分には必要がなく、コスパが悪い。

それなら、設定をトコトン詰めて、ゲームが快適な挙動をするように調整し、カクカクする問題は解決したほうがコスパが悪くなりにくい。なので筆者はどうしてもカクつきが気になる場合は、フル HD(1920×1080)解像度ではなく、敢えて HD(1280×720)解像度を選択する場合がある。

解像度が大きくなるということは、同時に視野が増えるということなので、こういった FPS では戦闘が有利になる傾向にある。なので出来ればフル HD 解像度を維持したいところ。だが、決して HD 解像度で戦えないわけではない。むしろ視野を絞る運用をすることで、交戦しやすいと感じる場面もあるはず。視野が大きく確保できるということは、同時にいろんな所を見る必要が出てきてストレスになる場合もある。

したがって、筆者は「絶対にフル HD しか FPS ゲームでは認められない」ということはないと考えている。むしろフル HD が大多数を占める現代で、少数派の HD 解像度で猛者たちと互角に渡り合えたほうがコスパが良いうえに、カッコイイんではないかとすら思っている。

という精神論はさておき、VRAM の使用量を少しでも下げるべく、HD 解像度を選択するのは、「アリかナシ」で考えると、「アリ」。筆者はフル HD 解像度のディスプレイで、HD 解像度を選択して Apex Legends をプレイしているが、今のところ大きな支障は出ていない。そして何より、VRAM の使用量を下げることが出来るので、グラボを買い換えずに済んでいる。

プレイに支障がないのであれば、HD(1280×720)を検討してみると良いだろう。

まとめ:GTX 1060(VRAM 3GB)でも生き抜ける

今後の大きなアップデートなどで、更に推奨スペックが引き上げられた場合は保証できないが、今のところ筆者の環境では問題ない。筆者のプレイ環境でも何度か1位を獲得しているし、スモークやテルミのテクスチャが大量であっても戦えている。

だが、どうしてもフル HD で制限の少ない環境にしたいのであれば、RTX 2080 などを購入したほうが幸せになれるだろうと思う。