はてなブログをやめて、WordPressに引っ越しした話

はてなブログPro高い

約8ヶ月の間、お世話になったはてなブログをやめて、WordPressに鞍替えしました。年収200万円の桑田です。どうぞよろしくお願いします。

はてなブログをやめた理由は、「料金が高い」こと、それからWordPressには無い機能が多すぎて、自由が利かないことが多いんですよね。クッソ年収が低い僕には、超痛手なんですよ。

はてなブログの料金 vs WordPressの料金

はてなブログPro高い

はてなブログProは、なんと1ヶ月契約だと1,008円もかかるんです。超ビックリですよね。しかもカスタム性が低くて、ブログとしてほとんど何もできない。ユーザーの足元を見ているとしか思えない価格ですよ。

続きを読む

安くて読み込みが速いSSDの「Zheino」がコスパ最強という話をする

ZheinoのSSDと裸族の頭

今回は、安くて読み込みが速いSSDの「Zheino」製品についてレビューしたいと思います。この製品、実は3千円台で買えちゃう、かなり低コストなSSDなんですよね。しかも他社製品と比較しても、読み書きの速度が変わらない。

“Zheino”ってどこのメーカー?

f:id:krrochu2:20180602155600p:plain
Zheinoの本拠地

続きを読む

iPhone 8 Plusのカメラの基本スペックと弱点について語る

iPhoneで写真を撮りまくってる、自称iPhoneカメラマンの、ぼろぐちゃです。
今回は、iPhone 8 Plusのカメラについて話します。そこそこ性能が高くて、コンデジに追随するレベルの、iPhoneのカメラ。
では、どれくらいのレベルで撮影できるんでしょうか。iPhoneのカメラを徹底的に考えてみましょう。
 

基本スペック

– F 1.8(広角)
– F 2.8(望遠)
デュアルレンズ(等倍広角レンズ、2倍望遠レンズ)
– ISO 202000
光学ズーム 2倍(デジタル10倍)
– 1200万画素
ポートレートモード

続きを読む

川栄李奈で話題の「TEA COFFEE」は絶妙に美味い!!

コーヒー飲料にはちょいとウルサイぼろぐちゃです。

2018年5月25日の大阪市は、とても暑かったです。
ちょっとコーヒーが飲みたくて、
ファミリーマートに足を運んだだけで汗が。。。

これからの時期、少しずつ気温が高くなって
暑くなりますから、コンビニで買う
冷たいラテやお茶が美味しくなりますよね。

そんなわけで、今回は夏場でも気軽に飲める、
アッサリ味のコーヒー飲料「TEA COFFEE」について
レビューします。

続きを読む

ジモティーは便利だけど、ヤバイって話をする

あなたは、ジモティーという個人取引
掲示板を知っているだろうか。

不要になったものを個人同士で取引する。
そんなコンセプトの掲示板サイトだ。

しかし、中には悪質な出品が存在する。
出品者側のモラルを疑う事例がある。

筆者は、ジモティーで犯罪行為や、
犯罪ギリギリのラインの出品をたびたび見かける。

今回の記事では、そういった事例を紹介したい。

なお、出品者が特定されないように、
名前などはモザイク処理で伏せています。

続きを読む

Core i3 8100でのPUBGのプレイは快適だし、コスパが良いんです

enter image description here

PUBGをプレイするために、「Core i7 8700」や「Core i5 8600」が必要だと思ってませんか?

ノンノン!それは大きな間違い。

「Core i3 8100」でも十分に、快適なプレイができるって知ってました?

Core i5以上のCPUは、2万円以上もしますよね。めちゃくちゃ高い
PUBGをプレイするだけなら、1万円くらいのCPUで十分なんですよ。

オマケに配信や動画エンコードも出来るんですよ。

続きを読む

1万円以下で購入できる、Bluetoothスピーカー「JBL Trip」は、めちゃくちゃ音が良くて使いやすい!

f:id:krrochu2:20180511191110p:plain

Bluetoothのスピーカーは、ハーマン「JBL Trip」がおススメです。めっちゃ音がいいの。「え?!これがBluetoothのポータブルスピーカーなの?」ってビックリしましたよ。

音だけじゃなくて、充電しながら使えるってのも、満足度が高いポイントだと思うんですよ。使いやすい。

 

続きを読む

ゲーミングPCを安上がりにしたい、コスパ重視の人必見!「Core i3 8100」はコスパが良すぎてヤバイCPU!

f:id:krrochu2:20180511110056p:plain

「Core i3 8100」はコスパが良すぎてヤバイCPUだよ。ゲームの実況配信や動画撮影など、ストリーミングにも向いていると思うんですよね。

ゲーミングPCを安上がりにしたい、コスパ重視の人に、超オススメしたいのが、「Core i3 8100」!

そんな「Core i3 8100」のコスパが良いという話を、またまたしていきたいと思います。

「Core i3 8100」は、i3シリーズの風雲児

「Core i3」は、エクセルを扱うようなちょっとパワーが必要な事務パソコンに搭載されているようなCPUで、ゲーマー向けではありませんでした。(今も「Core i3」の立ち位置はゲーミングではないんですが、スペックから言えば、実質的にゲーミングでもおかしくない)

もちろん「Core i3」が搭載された、ゲーミング向けモデルも存在していますが、最適な選択肢ではなかったんですよね。コアシリーズの中で一番安い価格で手に入るんですが、スペック面で我慢しないといけないデメリットがありました。

しかし、「Core i3 8100」が登場してからは、「Core i3」シリーズはスペック面で我慢する部分がなくなり、デメリットが解消されました。

「Core i3 8100」は、「Core i5 7500」と同等の性能

「Core i5 7500」と言えば、2016年~2017年頃のミドルスペック向けのゲーミングPCに搭載されていたCPUです。価格と性能の比率が良く、「Core i7」ほどのスペックは要らない人に親しまれていました。

「Core i3 8100」は、「Core i5 7500」よりも価格が1万円近く安くて性能も同等なのですから、今さら「Core i5 7500」を選択する必要がなくなったのです。

f:id:krrochu2:20180511105114p:plain

「Core i3」の最下位モデルと、「Core i5 7500」をグラフで並べてみました。「Core i3 8100」のスコアが高いことが分かりますね。これまでの「Core i3 x100」だと、CPUのスコアが5,000台でしたが、「Core i3 8100」は「8,082」をマークしています。めちゃ凄い!

「Core i3 8100」は、めちゃくちゃコスパが良い!!!神!

「Core i3 8100」は、「Core i5 7500」より約1万円安い値段で手に入ります。今のところ、最安値は「Amazon」ですね。

CPU 価格(最安) 販売元
Core i5 7500 ¥22,188 Amazon
Core i3 8100 ¥13,475 Amazon

こうして見ると、どうして今だに「Core i5 7500」が高値のままなのか、不思議でなりません。恐らくINTELが希望した小売価格が影響しているのかもしれませんが・・・。

f:id:krrochu2:20180511105128p:plain

他の「Core i3」最下位モデルを投入して、グラフ化してみました。「Core i5 7500」が「Core i3 8100」と同等の性能に対して、価格は約1万円の差が出てしまっていますね。いかに「Core i3 8100」のコスパが高いかということが、具体的に分かるグラフになったと思います。

そして、意外にもCPUスコアが低い、「Core i3 6100」と「Core i3 7100」が、「Core i3 8100」と同じくらいの価格だということも分かってしまいました。

僕だったら、絶対に「Core i3 8100」を買いますね。いや、だから買ったんだけど。

オンボードグラフィックのレベルも高い

CPUとしての性能だけではなく、グラフィックの性能も高いんですよ。軽い3Dゲームならプレイできちゃいます。

ここでは、Youtubeから拾ってきた動画を載せておきますが、あくまでもオンボードグラフィックの性能について実証しているだけですから、プレイの快適性は度外視なんです。

LoL(League of Legends)

www.youtube.com

なんと画質設定を「Very High」に設定しても、90fps前後を維持しているんですよね。これまでの「Core i3 7100」や「Core i5 7500」では、とうてい不可能だった領域ですね。

やれやれ、ここまで出来てしまうか・・・「Core i3 8100」。

FEZ(Fantasy Earth Zero)

www.youtube.com

ファークリップ最大、水面映り込みONにしても、余裕で動いちゃいます。10年前の今頃は、「GTS450は必須!!」とか言われてた時代もありましたね。(いや、このタイトル古いし、プレイヤは減ったけど、面白いゲームだよ!)

およそ60~90fpsくらいは維持できているようです。

BF1(BATTLE FIELD1)

www.youtube.com

この動画は「最低画質@720p」で撮影されていますが、およそ30fpsくらいは維持できているようです。ですから、画質を気にしない、かつ快適性はともかくとして、プレイ出来れば問題ない人ならオッケーってことです。(一応、なんとかプレイはできる程度)

BF4(BATTLE FIELD4)

www.youtube.com

この動画は「最低画質@900p」で撮影されていますが、およそ30fpsくらいは維持できているようです。BF1と同じく、画質を気にしない、かつ快適性はともかくとして、プレイ出来れば問題ない人ならオッケーってことです。(一応、なんとかプレイはできる程度)

PUBG(Player Unknown’s BattleGrounds)

www.youtube.com

この動画は「最低画質@720p」で撮影されています。また、テクスチャのスケーリングを70%まで下げています。これでようやく20~50fpsを確保できていますので、なんとかまともにプレイ出来るレベルになってます。快適性は低いでしょうね。

FF15(FinalFantsy XV)

www.youtube.com

BGMがちとウルサイので注意が必要です。解像度を「800×600」まで下げて、最低画質にしています。これでなんとか、ギリギリの環境で動作するようになっています。まーこのゲームはグラフィックを犠牲にするようなものではないので、わざわざオンボードでやる必要もないわけですが。

まとめ

これまでの「Core i3最下位モデル」や、前世代の上位モデル「Core i5 7500」と比較すると、「Core i3 8100」の性能の高さが際立ちますね。

というワケで、INTELの「Core i3」最下位モデルを買うなら、「Core i3 8100」が最もコスパが良いという結果になりました。

また、僕が購入した当時(2017年12月末)は、14,800円だったので、2018年5月現在で1,000円ほど安くなっているのも魅力ですね。

「Ryzen 2000」シリーズなど、魅力的で新しいCPUも発売されましたが、まだまだ「Core i3 8100」は現役で、コスパの高いCPUなので、在庫が潤沢な今のうちに買っておくのが良いかもしれません。

ただし、動画のエンコードなどは、上位モデルの「Core i5 8600」や「Core i7 8700K」のほうが向いています。が、それでも「Core i3 8100」で十分やってけますから、問題にはならない(ハズ)。僕も「Core i3 8100」で、動画エンコードやゲームの実況配信してますからね。

ちなみに、中古品の相場は、およそ11,000円くらいのようですよ。中古品を狙うのもアリだと僕は思いますね。

「Core i3 8100」の過去記事はこちら

www.doz3.info

www.doz3.info

www.doz3.info

www.doz3.info