電脳Oz3

自作パソコンやガジェットを紹介するページ。何かの役に立てば。「でんのうおーじーさん」です。

2,000円で買える、激安ゲーミングキーボード!NPET K10

今回は「格安ゲーミングキーボード」について話したい。というのも、2000円までの低価格で購入出来るキーボードなのだ。僕はまたしても半信半疑でこの製品を購入した。会社からボーナスが支給された僕が、どうして安物を好んで購入するのかについては、敢えて聞かないで欲しい。

NPET ゲーミングキーボード K10 は激安!

by カエレバ

僕が今回購入したのは、NPET社製の「激安ゲーミングキーボード」だ。価格は、2017/12/24時点で、2,000円だ。僕が購入したのは12月上旬だった。その時は、1,899円で購入できた。つまり、クリスマス商戦という大人の事情で、価格が少し上がっているのだ。仮に2,000円で購入したとしても、お釣りがくるレベルと言っても過言ではない。それくらい入力しやすいキーボードなのだ。

26キー防衝突と記載されているが、実際は違う

この記載を見る限り、「26キーが同時押し可能」ということに見える。しかし、実際に「Shift」「Ctrl」「V」「R」などのキーを同時押ししてみたが、反応しないキーが存在した。それは、最後に押下した「R」キーだ。

つまり、音ゲーFPSゲームで、同時押ししないとクリア出来ないような局面に追い込まれた場合は、このキーボードでは力不足だということだ。ゲーミングを謳っている割には、こういったところはさすがに「安物」と言わざるをえない。(もちろん、もしかすると初期不良かもしれないが、返品交換など面倒なので、今回の記事では検証しないことにする)

もし26キー同時押しを目的に購入するのであれば、他製品の購入をオススメする。

打鍵感は「赤軸」と「メンブレンスイッチ」

製品紹介のページを見ると、「このメカニカル式ゲーミングキーボードは」と触れ込みをしているが、CHERRY MXなどのキーとは異なると考えたほうが良い。実際に、そのキースイッチは使用されていないようだ。NPETが独自に仕込んでいるメカニカル式のキースイッチを採用している様子である。東プレやダイヤテックなどの、高級キーボードのような打鍵感を想定しているなら、オススメできない。

僕がタイピングした様子を撮影してみた。参考になればと思う。

しかし、先に上げた2社で採用されているキースイッチに近い感覚でタイプできる。タイピング音もそれっぽい感じだ。価格の割にはとても健闘していると思うし、正直この仕上がりなら、チャタリングが起きて使い物にならなくなったとしても、リピート購入したいと思える。

もし青軸が欲しい方には、少し物足りないかもしれない。キーの押下圧が低すぎて、使い物にならないと感じるかもしれないし、ちょうど良いと感じるかもしれない。

また、タイピングした時の音は、「カタカタ」といった感じ。青軸経験者なら分かるかと思うが、スイッチを押下している感覚はない。キーを押下したあとの反発感は、メンブレンに近い感じだと思う。つまり、低反発だということ。

本体重量は、約1kg

持ち運ぶわけではないので、その重量を気にする人はあまり居ないと思う。しかし、僕は違う。僕の作業スペースとして使っている机は、薄い板だ。つまり、あまりにも重い物を載せてしまうと、板がたわんで、割れてしまうかの可能性がある。

しかし、1kgくらいであれば許容範囲なので、普通のゲーミングキーボードや、高級キーボードくらいの重量であると言える。

また、FPSゲームなどをするプレイヤなら、これくらいの重量があると、プレイし易いと思う。激しい動きをするため、軽いキーボードだとキーボードの位置がズレてしまうことがあるからだ。

LEDランプの点灯パターンが豊富

「LED」と書かれたキーを押下すると、LEDランプを切り替えられる。切替可能なランプのパターンは以下の通り。

キーの組み合わせ LEDランプ
LED 3種のパターンを順番に切り替える・LED消灯
FN+LED(HOME) 3種のパターンをそれぞれ呼吸させる
FN+PgUP 輝度を上げる
FN+PgDown 輝度を下げる
FN+- 呼吸速度を上げる
FN+= 呼吸速度を下げる

LEDバックライトを呼吸させることが可能だ。2,000円くらいのキーボードでここまで出来るのは、正直に凄いと言えるだろう。見た目をデコデコにしたい人は、このキーボードを選択して良いと思う。

こんな感じで呼吸する。高級なゲーミングキーボードの呼吸パターンと、大きく違う部分はない。むしろ低価格で実現できるのは凄いと思った。

まとめ

低価格で、見た目は悪くないし、タイピングした時の感触も悪くない。むしろ2,000円という価格を見ると、お買い得だと言える製品だ。「NPET ゲーミングキーボード K10」は激安ゲーミングキーボードの金字塔として、これからも発展して欲しいと思う。それで、更に高性能な後継機種を作ってくれれば、僕は間違いなくリピート購入する。

2017年最後にオススメする、激安ゲーミングキーボードは、NPET ゲーミングキーボード K10で決まりだ。